就職活動や転職成功におすすめ・城田優氏(俳優)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、城田優氏(俳優)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

城田優氏のプロフィール

城田 優 (しろた ゆう、スペイン語:Yu Shirota Fernández、1985年12月26日 – )さんは、日本の俳優、タレント、歌手、シンガーソングライター。

IMYのメンバー。

2003年に俳優デビュー。出演作はドラマ「天地人」、映画「ROOKIES -卒業-」、ミュージカル「エリザベート」ほか多数。シンガー・ソングライターとしても活動中。

城田優氏の名言集

城田優氏
城田優氏

前例がないからこそ挑む。

城田優氏
城田優氏

15歳の頃の自分が今の僕を見たら、たぶん気絶すると思う。当時思い描いていた夢を、この10年でずいぶん実現させてもらえたから。

城田優氏
城田優氏

何度もオーディションに落選。「ハーフ顔だから、君は主役か特殊な役しか無理だな」「180センチ以上だとモデルも厳しいな」といった大人の言葉が思春期の胸に突き刺さった。何か言われる度に傷つき、悔し泣きをし、自分を責めた。

城田優氏
城田優氏

諦めたくはなかった。俳優以外の道はどうしても考えられなかったので。

城田優氏
城田優氏

一つひとつの仕事やそこで出会った人たちが自信を持たせてくれた。

城田優氏
城田優氏

「前例がないし、君には無理だろう」と言われるものほど飛躍のチャンスと考え、食らいついていく覚悟。

城田優氏
城田優氏

自分を駆り立てながら進む。

城田優氏
城田優氏

どんな仕事においても自身を追い込み、あえて崖っぷちに立ちにいくようにしている。自分を甘やかしてしまうと成長が止まってしまう。それが嫌だし、怖いから。

城田優氏
城田優氏

萎縮したくないので、あえて自分が思うレベル以上の課題を課し、自らを鼓舞して乗り切ろうとするところがあるんです。多少無理して頑張ることは伸びしろが広がり、体力や精神力も身に付くことになると思うし。

城田優氏
城田優氏

心掛けているのは、とにかく目の前にある仕事を精いっぱい楽しみ、全力で取り組むこと。そして常に初心を忘れないこと。

城田優氏
城田優氏

10年前の僕は、たとえ自分の名前が出なくても、雑誌に小さく写真が載っただけでうれしくて本屋へ買いに行ったし、ドラマにエキストラで出ただけで感動していた。あの頃の気持ちを絶対に忘れないようにしたい。

城田優氏
城田優氏

ここまで来れたのは、努力というよりも『思い』。努力なんて誰もがしている。褒めてもらおうなんて気持ちもなくて、ただ、人を感動させられるエンターテイナーになりたいという、その一心だけで突き進んできたような気もします。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。



コメント

隙間時間に本を「聴いて」学ぶ

タイトルとURLをコピーしました