転職成功におすすめ・杉山愛氏(元プロテニスプレーヤー)の名言

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、杉山愛氏(元プロテニスプレーヤー)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

杉山愛氏のプロフィール

杉山 愛(すぎやま あい、1975年7月5日 – )さんは、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手、テニス指導者。

右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。血液型はA型。

SWTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。

キャリア通算でWTAツアーシングルス6勝、ダブルスでは38勝。

日本人選手として初のWTAダブルス世界ランキングで1位を獲得。

日本人女子25年ぶりのグランドスラムダブルス優勝者。

グランドスラム優勝4回は日本人最多記録。

4大大会シングルス成績は2度のベスト8進出があり、現在日本人女子最後の全英シングルスベスト8進出者です。

日本人初のシングルスとダブルスの同時世界トップ10入り。また、2015年にロジャー・フェデラーに抜かれるまでグランドスラムシングルス連続出場のギネス記録を保持していました。

杉山愛氏の名言集

杉山愛氏
杉山愛氏

心を開き状況ごと楽しむ。

杉山愛氏
杉山愛氏

テニスに出会ったのはわずか4歳の時。体を動かすことが大好きでフィギュアスケートやバレエなど様々なスポーツを経験するなかテニスが大好きになり、7歳でプロになることを決意。

杉山愛氏
杉山愛氏

試合を頑張るだけでなく心を開き、積極的に人と親しみ、訪れた国の文化にも触れてツアー自体を楽しむようにしたんです。

杉山愛氏
杉山愛氏

頑張り切って、次へ。

杉山愛氏
杉山愛氏

何か問題が起こった時、以前は「悲しい」と感情的に反応したことも、「なぜこれが起きたのか、どうすればこれを活かせるのか」と考えられるようになった。

杉山愛氏
杉山愛氏

仕事ならいい時も悪い時もあって当然。悪い時をどう過ごし、ベストをどう尽くすかが大切だと分かったんです。

杉山愛氏
杉山愛氏

体が動かないならウオームアップやメンテナンスの方法を考え、気持ちが乗らないなら音楽や呼吸法で自分を鼓舞し、あの手この手で自分の引き出しを増やすことが肝心。

杉山愛氏
杉山愛氏

競技人生は過酷でしたが、テニスは私にとって天職でした。

杉山愛氏
杉山愛氏

引退後はいろいろな分野の仕事に挑戦させて頂いていますが、天職とはそうは見つからないものだと思うので、焦らず10年ぐらいかけて、もう一度見つけられたらうれしい。

杉山愛氏
杉山愛氏

何事も興味があるなら踏み出すことが大切だと思っています。目標は人それぞれ。世界一でも日本一でも、クラス一でもいい。各自の目標に向かって頑張り、頑張り切れた時の達成感が、新たなことに挑戦する自信になると思います。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

書籍紹介

名言だけでなく、思想や考え方などをより深く知りたい方は下記書籍をご参考ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました