就職活動や転職成功におすすめ!橘玲氏(作家)の名言・人生攻略法

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの就職・転職活動の背中を押すために、橘玲氏(作家)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

橘玲氏のプロフィール

橘 玲(たちばな・あきら)氏。作家。

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部を超えるベストセラーになります。

2016年の著書『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)は50万部を超え、「新書大賞2017」に選ばれます。

女性読者に向けた『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)も話題を呼びました。

その他『80’s エイティーズ』(太田出版)、『国家破産はこわくない』(講談社+α文庫)など。

橘玲さんの名言・金言集

橘玲さん
橘玲さん

成功を手にするには「好きなこと/得意なこと」を生かして、ライバルより優位に立てる場所を見つけなくてはなりません。

橘玲さん
橘玲さん

株式や不動産に投資して資金を増やす方法があるものの、こうした投資は「若いうちから長期でコツコツ増やしていく」のが鉄則。始める時期が遅くなるほど、元金を減らすリスクを取らざるを得なくなります。

橘玲さん
橘玲さん

「いかに長く働いて、老後を短くするか」という発想に切り替えるのです。

橘玲さん
橘玲さん

「稼げる自分になる」は難しいが「長く働く」はできる。

橘玲さん
橘玲さん

「頑張れば誰でも成功できる」わけではないのも確か。一方「長く働く」は、誰でもできて確実に収入を増やせる戦略です。

橘玲さん
橘玲さん

長く働くためには心と体の健康寿命を伸ばすことが大前提です。

橘玲さん
橘玲さん

「好きな人とだけつき合う」贅沢はできなくても「嫌いな人とは無理につき合う必要はない」というスタンスでいられれば、人生の幸福度は大きく上がります。

橘玲さん
橘玲さん

ニッチな領域で構わないので、自分の好きなこと、得意なことにフォーカスして専門性を磨くことが重要です。

橘玲さん
橘玲さん

生涯現役社会では「仕事は苦役」のマインドではやっていけません。好きなことならばどれだけ頑張っても苦にならないし、人的資本のすべてを投資できる。

橘玲さん
橘玲さん

一つの会社の中でしか評価されない知識やスキルの習得はムダ。「今の会社を離れても価値を持つ専門性」の習得が重要です。

橘玲さん
橘玲さん

「得意なこと」を頑張ってやっているうちに周囲から評価されるようになり、その仕事が「好き」になっていくのではないでしょうか。

橘玲さん
橘玲さん

「好きなことと得意なことが違っていたらどうするの?」という質問をよく受けます。夢を追うとは「好き」を追求することですが、一般的に言うならば「得意なこと」で頑張った方がよい結果を得られるでしょう。

橘玲さん
橘玲さん

「やればできる」と言う人がたくさんいますが、はっきり言ってこれはまったくのデタラメです。好きでも得意でもないことは「やってもできない」し、頑張ることさえできません。

橘玲さん
橘玲さん

「好きなこと」「得意なこと」ならいくらでも頑張れるのは、(遺伝的な)優位性のあるところに全力を投入することが、グループの中で目立ち、自分の地位を確立する最も効果的な戦略だからです。

橘玲さん
橘玲さん

嫌いな仕事を我慢してやっていると、ほとんどの人は置かれた場所で枯れてしまうでしょう。

橘玲さん
橘玲さん

内向的なタイプが営業職になったり、外向的なタイプが誰とも口をきかないような事務職になったりするのもぜんぜん向いていません。要するに、自分のキャラをちゃんと把握して、それに合った仕事を選ぶべきということです。

橘玲さん
橘玲さん

新卒で入社した会社にこだわるのではなく「向いてない」と思ったらいろいろやってみた方がいいと思います。いまでは20代ならいくらでも転職できますから。

橘玲さん
橘玲さん

トライ&エラー(試行錯誤)しながら「これは自分には合わない」「この仕事は自分に向いている」と判断し「好き/得意」を見つけたらそれに全力投球する。キャリアというのはこうやってつくっていくのだと思います。

橘玲さん
橘玲さん

「成功」を目指すなら、最も活躍できる稀少な時期を有効に使わなくてはなりません。「若いときは下積みをしろ」では、搾取されるだけで人生が終わってしまいます。

橘玲さん
橘玲さん

「就職人気企業ランキング」からは外れますが、もし私がいま就活生だとしたら、TOP10にランキングされるような会社を目指そうとは思わないでしょう。なぜならそこは、典型的なレッドオーシャンだからです。

橘玲さん
橘玲さん

私は自分の「競争力」について考えるとき「自分より優秀な人間はものすごくたくさんいる」ことを前提にしています。だとすれば、優秀なひとたちばかりが集まる人気企業に就職することはコスパが悪すぎます。これが「ニッチ戦略」です。

橘玲さん
橘玲さん

「強力なライバルのいないところでそこそこ成功する」のがニッチ戦略で、いまから振り返ってみれば、私は若いときから(無自覚に)これをずっとやってきました。

橘玲さん
橘玲さん

近年、日本的なベタな会社の魅力がどんどんなくなっているのは「サラリーマン」という日本にしか残っていない働き方が耐用年数をとうに超えてしまったからでしょう。

橘玲さん
橘玲さん

よい評判をたくさん獲得するための戦略が「ギブ」です。テイカー(Taker)は「受け取るひと」、ギバー(Giver)は「与えるひと」で、テイカーよりもギバーの評判がいいのは当然です。

橘玲さん
橘玲さん

この世界には、ギブしても減らないものが2つあります。1つは、面白い情報を教えること。もう1つは面白い知り合いを紹介することです。

橘玲さん
橘玲さん

情報と人脈はどれだけギブしても減らないし、そればかりかギブすればするほど、どんどんつながり(ネットワーク)が大きくなっていきます。ネットワーク社会の「ギバー」とは、この2つをせっせとやっているひとのことです。

橘玲さん
橘玲さん

堀江貴文さんは、ネットワーク社会では「ギブ」がWin-Winのゲームになることをよく理解していると思います。自分が紹介した(あるいは出資した)起業家が成功すれば、その実績が自分のネットワークに加わってさらに大きな影響力を持つようになるのですから。

橘玲さん
橘玲さん

ネットワーク社会で重要なのは「弱いつながり」をどれだけ広げられるかです。「面白そうならどこの誰とでも仕事するし、世界中どこにだって行く」とフットワークを軽くしておく。

橘玲さん
橘玲さん

キャリアについて言うならば、できれば20代のうち、遅くとも30代半ばには「自分は何のスペシャリストになるのか」を決めた方がいいと思います。それは、能力が同じでも経験の量で差がつくからです。

橘玲さん
橘玲さん

仕事が「できる/できない」の評価は、一緒に仕事をしているメンバーや業界(同業他社)の評判によって定まります。

橘玲さん
橘玲さん

「探し続ける」ための方法はトライ&エラーしかありません。失敗が許される若いときにトライ&エラーを繰り返すことで、スピリチュアルが「好きなこと」を(偶然に)見つけてくれるでしょう。

橘玲さん
橘玲さん

雑務は専門性を向上させませんから、それに時間を割くことになんの価値もありません。

橘玲さん
橘玲さん

一般論で答えるなら、社会に貢献するのに最も効果的なのは「仕事を頑張る」ことです。

橘玲さん
橘玲さん

私のアドバイスは「できるだけ長く働く戦略を考える」です。

橘玲さん
橘玲さん

自分がなにが得意なのかは、たいていの場合、バイアスのない他人(仕事仲間)の方が正確に理解しています。

橘玲さん
橘玲さん

「何も特技がない」とあきらめることはありません。「人生100年」だと考えれば何歳からでも遅くはないのですから、マネタイズできる「自分探し」をポジティブに始めてみてください。

いかがでしたでしょうか?

本来、就職活動・転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの新卒採用・中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。











コメント

タイトルとURLをコピーしました