転職成功におすすめ・李相日氏(映画監督)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、李相日氏(映画監督)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

李相日氏のプロフィール

李 相日(り そうじつ/イ・サンイル 又は リ・サンイル、이상일/리상일、1974年1月6日 – )さんは、日本を拠点に活動する、新潟県出身の映画監督。

日本映画学校での卒業制作作品が「ぴあフィルムフェスティバル」でグランプリなどを受賞。

2004年にメジャー進出。代表作は『フラガール』『悪人』『許されざる者』など。

李相日氏の名言集

李相日氏
李相日氏

あこがれの世界に、まず飛び込んでみた。

李相日氏
李相日氏

バイトをきっかけに映画の世界へ入りたいという思いは強くなり、大学卒業後に映画学校へ。ただそれでも、映画監督なんていう職種には特別な感性を持った人がなるもので、平凡な自分には到底無理だろうと思っていた。

李相日氏
李相日氏

常に身の丈より大きめの服を着る。

李相日氏
李相日氏

人より時間が掛かってもいいから、簡単に分かったつもりにならない。

李相日氏
李相日氏

効率優先では「普通」の範囲にとどまってしまう。それよりも、ここでのベストは何かを探り続け、その先にある「これだ」が見つかるまで粘った方が圧倒的に仕事は面白くなると信じている。その手間を惜しまないということだ。

李相日氏
李相日氏

どこまでやっても正解はなく、到達点がないのが仕事。前回はこの手でうまくいったからといって、次もまた同じ手が使えるわけではない。

李相日氏
李相日氏

積み重ねてきた経験はすべて初期化され、まっさらなところからのスタートとなる。そこが面白さであり、同時につらさでもある。

李相日氏
李相日氏

手の内にあるもので何とかしようとするだけでは周りもついてこなくなるだろうし、人に高度なことを要求することもできなくなってしまう。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました