転職や採用成功におすすめ・映画監督・中野量太さんの名言集

転職

「仕事を辞めたい」「転職したい」「会社に行きたくない」など、

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者の方をこの記事の読者としておすすめします。

あなたの転職活動の背中を押すために、映画監督・中野量太さんの名言をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

中野 量太(なかの りょうた、1973年7月27日 – )さんは、日本の映画監督。

京都府京都市出身。

京都市立日吉ヶ丘高等学校、京都産業大学、日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。

大学卒業後上京し、日本映画学校に入学し3年間映画製作を学びます。

2000年、卒業制作『バンザイ人生まっ赤っ赤。』で、日本映画学校今村昌平賞、TAMA NEW WAVEグランプリなどを受賞。

日本映画学校卒業後、映画・テレビの助監督やテレビのディレクターを経て、2006年に『ロケットパンチを君に!』で6年ぶりに監督を務め、ひろしま映像展グランプリ、水戸短篇映像祭準グランプリなど3つのグランプリを含む7つの賞を受賞。

2008年には文化庁若手映画作家育成プロジェクトに選出され、35mmフィルムで制作した短編映画『琥珀色のキラキラ』が高い評価を得ます。

2012年、自身初の長編映画『チチを撮りに』がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012で国際長編コンペティション部門にて監督賞(日本人監督初)とSKIPシティアワードをW受賞。

それに伴い、同作が「SKIPシティDシネマプロジェクト」第3弾作品として2013年2月16日に劇場公開され、さらに第63回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式招待されました。

以後も、同作は多数の国内外の映画祭に正式招待され、賞を受けたほか、監督自身も第5回TAMA映画賞最優秀新進監督賞、第35回ヨコハマ映画祭森田芳光メモリアル新人監督賞、第23回日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞しました。

2016年、『湯を沸かすほどの熱い愛』で商業映画デビューを果たすと、その年の国内の主要な映画賞を次々と受賞。

高校時代の同級生にブラックマヨネーズの吉田敬さんやタレントの六車奈々さんがいます。

名言集

中野量太さん
中野量太さん

就職活動をする気になれず、何がしたいんだろうと考えた時に『表現すること』だなって。それで表現の最高峰は映画だと思い、卒業後は映画学校へ。正直、半分は就職から逃げる気持ちもありました。

中野量太さん
中野量太さん

人に喜んでもらう方向にあらためたら好転した。

中野量太さん
中野量太さん

人って色んなことに気づかないと成長できないんですよね。昔の僕は自分の表現ばかりにこだわっていました。

中野量太さん
中野量太さん

何より僕らは人と『対して』生きている。それゆえ決して媚(こ)びるということではなく、純粋に誰かのために喜んでもらうことをしようと考えました。そう思い始めてから自然と評価がついてきた。

中野量太さん
中野量太さん

いびつでも何でもいい、それぞれが自分の歯車で社会を回していったら、相当面白い世の中になると思います。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました