転職活動におすすめ・アートディレクター・水谷孝次氏の名言

転職

「仕事を辞めたい」「転職したい」「会社に行きたくない」など、

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者の方をこの記事の読者としておすすめします。

あなたの転職活動の背中を押すために、アートディレクター・水谷孝次氏の名言をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

水谷孝次さん

水谷 孝次(みずたに こうじ、1951年3月14日 – )さんは、日本のアートディレクター。

愛知県名古屋市中区大須出身。

日本デザインセンターを経て、1983年に独立。

アートディレクターとして、SWATCHのポスター、ANA「冬の中国キャンペーン」、ウイダーインゼリーのパッケージなどを制作。

東京ADC賞をはじめ、JAGDA新人賞、N.Y.ADC国際展・金賞・銀賞、ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ展金賞・銅賞・特別賞、ブルーノ国際ポスタービエンナーレ展銅賞・特別賞など多数受賞。

1999年より、「笑顔は世界共通のコミュニケーション」を合言葉に「MERRY PROJECT」を開始。

2005年には愛知万博「愛・地球広場」にて「MERRY EXPO」を展開。

2008年には北京五輪開会式のオープニングセレモニーに芸術顧問として参加しました。

転職成功への名言

水谷孝次氏
水谷孝次氏

夢に向かって前進している人は、必ず誰かが助けてくれる。

水谷孝次氏
水谷孝次氏

若い人に言いたいのは、「気持ちがすべてだ」っていうことです。一に気持ち、二に気持ち。三も四も気持ち。強い思いがあれば、何とかなるんです。

水谷孝次氏
水谷孝次氏

チャンスなんていくらでも落ちてるし、夢に向かって前進しようとしている人には、周りの人が必ず助けてくれる。

水谷孝次氏
水谷孝次氏

うまくいかないときには、何かやること。前進すること。まさに攻撃は最大の防御なんです。心配はいりません。とことん頑張ると、運が舞い込んできます。

水谷孝次氏
水谷孝次氏

これまでもなんとか踏ん張っていたら、ギリギリのところで助けがやってきた、なんてことが何度もあった。やっぱり神さまはどこかで見ていてくれるんですよ。

水谷孝次氏
水谷孝次氏

マイナスはいつかプラスに変わる。

水谷孝次氏
水谷孝次氏

何でも帳尻が合うんだということ。だから今、暗闇にいる人も、あきらめちゃいけない。頑張っていれば、いつか強い光で照らされる日がくるんですから。

水谷孝次氏
水谷孝次氏

よく僕は「思ったら飛べ」って言うんだけど、僕自身、昔から「いいな」と思ったらすぐやってしまうほうなんです。迷ったらやる。それが僕の信条です。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、思想や考え方などをより深く知りたい方は下記書籍をご参考ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました