転職成功におすすめ・関根光才氏(映像作家/映画監督)の名言

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、関根光才氏(映像作家/映画監督)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

関根光才氏のプロフィール

関根 光才(せきね こうさい、1976年 – )さんは、日本の映像ディレクター。映像作家。

東京生まれ、上智大学文学部哲学科卒業。

文化横断的なストーリーテリングや実験的な映像表現などを中心とした演出をしており、その作品は、広告映像・ミュージックビデオ・映画・インスタレーションアートなど多岐のジャンルにわたります。

映像制作会社勤務時代に、初監督作品である短編映画「RIGHT PLACE」を発表。同作品が海外の映画賞を多数受賞したことでデビューを果たします。

その後、Young Directors Awardグランプリを受賞したことで日本人の広告映像ディレクターとしては国際的な知名度を獲得、活動の幅を海外に拡げます。

Cannes Lions(カンヌ国際広告祭) でグランプリやD&AD でのブラックペンシル 、ONE SHOW やNew York Festival での金賞受賞など、特に国際的なクリエイティブアワードで多数の受賞を果たし、審査員も務めます。

2018年には長編映画初監督作品「生きてるだけで、愛。」(原作:本谷有希子)が公開され、新藤兼人賞 銀賞を受賞。また同年、ドキュメンタリー長編映画初監督作品、「太陽の塔」も公開され、映画監督としても活動しています。

多くの短編映画やアートフィルム、ドキュメンタリー作品などを発表し、インディペンデントな制作活動も続けています。

関根光才氏の名言集

関根光才氏
関根光才氏

せっかちな性格はまた、自分の背中も押す。

関根光才氏
関根光才氏

20代のころは「30歳になるまでに自分の作品を作りたい」と焦っていた。

関根光才氏
関根光才氏

大学で哲学を専攻するも、留学先の米国で写真について学び、映像に興味を持つようになった。もともとストーリーテリングにも興味があり、いつかフィルムを回して映画を撮ることが大きな目標になった。

関根光才氏
関根光才氏

卒業後、映像を勉強しようとCM制作会社へ入社。しかし、ここで思いがけず理想と現実のギャップに直面。もっと能動的に、自分たちで作るという感覚で仕事ができると思っていた。でも実際はそうでもなかった。しかも、担当は進行管理や予算の調整。今思えばそれも大事な仕事だが、焦っていた僕はこれ以上ここに居たらだめだと思い、演出部のある制作会社へと転職した。

関根光才氏
関根光才氏

基本的にせっかちで、30歳までに自分の作品を世に出せなかったら、この仕事を辞めて全然違うことをやろうと考えていました。 とにかく20代の僕は生き急いでいましたね(笑)」。

関根光才氏
関根光才氏

今の仕事に燃焼し、次のチャンスをつかむ。

関根光才氏
関根光才氏

僕は才能があるタイプではないので『考え抜く』という努力でアイデアを生み出しています。

関根光才氏
関根光才氏

映像という表現を通して、人に感動を提供したり、世界や社会をほんの少しでもベターにしたりしたい。

関根光才氏
関根光才氏

僕はお金を稼ぐことを仕事の目的にしたくない。お金から自由になって働きたい。とはいえ、暮らしていくため、やりたいことをやり続けるためにはお金が必要。そのバランスの取り方が非常に難しい。

関根光才氏
関根光才氏

まず目の前にある仕事で自分を燃焼し尽くす。そうすれば次のチャンスが巡ってくると信じています。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました