転職活動や採用成功におすすめ・川上未映子氏(作家)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、川上未映子氏(作家)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

川上未映子氏のプロフィール

川上 未映子(かわかみ みえこ、1976年8月29日 – )さんは、日本の小説家、詩人、元歌手。

2007年に早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞し、08年に小説『乳と卵』で芥川賞に輝きます。

以降、小説や詩、エッセーなどを執筆、中原中也賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、紫式部文学賞、高見順賞、谷崎潤一郎賞など各賞を獲得します。

川上未映子氏の名言集

川上未映子氏
川上未映子氏

大人になると、世界や社会についてのさまざまを言語化することに慣れてゆきます。でも子供は違う。心に込み上げてきたものを言語化できず、ただ刺激として感覚を残していくだけ。

川上未映子氏
川上未映子氏

早く自立して働かないといけない状況だったので、高校を出てすぐ歯科助手、コンビニ店員、書店員など、かけもちでいろんなアルバイトをしました。

川上未映子氏
川上未映子氏

手放すものかという覚悟。

川上未映子氏
川上未映子氏

言葉は一人で書くことができます。それがとても素晴らしいことに思えました。書き始めると、止まらなかった。

川上未映子氏
川上未映子氏

30代になってようやく一生かけて取り組むべきものに出会えた気がしました。

川上未映子氏
川上未映子氏

一作書き終えるとその度に欲が出るというか、ここがうまくいかなかったなとかいろいろ反省点が浮かび上がってきて、次回作でそれらをクリアしたくなる。

川上未映子氏
川上未映子氏

前作を超えるものが書きたくてしょうがなくなるというか、それをひたすら繰り返しながら今に至っているというのが実感です。

川上未映子氏
川上未映子氏

これまでの人生で、モチベーションが切れたことはない。

川上未映子氏
川上未映子氏

小説を書くことが、生きることとますます一体化しているのを感じます。何よりこれだけ夢中なので、小説のほうも、わたしから離れないでいてくれればいいなと思っているんですけど。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

書籍紹介

名言だけでなく、思想や考え方などをより深く知りたい方は下記書籍をご参考ください。
















かわいいインスタ画像10選

美人なインスタ画像を見たい方は下記をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました