転職活動や採用成功におすすめ・陸上競技指導者・原晋さんの名言集

転職

「仕事を辞めたい」「転職したい」「自分は正当に評価されていない」など、

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者の方をこの記事の読者としておすすめします。

あなたの転職活動の背中を押すために、陸上競技指導者・原晋さんの名言をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

原 晋(はら すすむ、1967年3月8日 – )さんは、陸上競技指導者(主に駅伝競走・長距離走・マラソン)・大学教員・コメンテーター・パネリスト・スポーツ解説者、元陸上選手・元中国電力営業職員。

妻は青学大町田寮・寮母担当の原美穂さん。

第91回箱根駅伝(2015年1月)に、青山学院大学として史上初の往復路・総合優勝を果たして以降は、陸上指導者業の他にも講演活動や、テレビタレント的な存在として、数多くのマスメディア出演(バラエティ・ワイドショー・トーク・情報・特別番組・テレビドラマ・コマーシャル等)を積極的に行っています。

名言集

原晋さん
原晋さん

まずは目標をはっきり示す。ぶれずに行動すれば、賛同者が現れる。

原晋さん
原晋さん

大事なことは、“一度発信したらブレないこと”です。強い信念があれば、賛同してくれる人は必ず現れます。

原晋さん
原晋さん

目標を決めてはっきり示したら、後はそこにたどり着く方法を考えて、一つひとつ実践していけばいい。目標は一つでも、方法は百万通りある。どの方法を取ってもいい。

原晋さん
原晋さん

“自分を出すこと”ですよ。仕事でもスポーツでも、うまくいっていないときは、自分の色が出せていないんです。自分の思いとか信念とか、なんでもいいから外に出す。

原晋さん
原晋さん

周りから嫌われるんじゃないかとか、よく思われないんじゃないかとか、そんな思いが先に立って、自分をさらけ出せないでいる人、多いでしょ。自分をよく見せようと思わないで“ありのまま”を出したらいいんですよ。そしたら道が開けます。

原晋さん
原晋さん

私は“コーラ作戦”といっているんですが、思っていることがあったら、心のふたを開けて、プシューっと一気に表に出す。そうすることで、周りはあなたの長所や強みをわかってくれるんです。そうすれば自分の持ち味を最大限に活かすことができるんですよ。

原晋さん
原晋さん

私は全国の高校生をスカウトして回っているのですが、将来活躍する選手は“自分の言葉”を持っています。例えば選手に「練習、頑張っている?」と話しかけるでしょ。そのとき、「はい!」しか言わないような子はダメ。「自分はこうなりたいから、こういう練習がしたい」と自分の言葉でハッキリ言えるような子でなければ、大成はしません。

原晋さん
原晋さん

伸びる選手の共通点をもう一つ上げると、それは「自分が好きなこと」。自分が好きな人は、自分のことをよく知っている。だから自分が生きる場所がどこかわかっているんです。自分流の戦い方を他人から教えられなくとも知ってるんですよ。

原晋さん
原晋さん

私も自分が好きですよ。自分が書いた本は何度も読むし、自分が出演した番組は何度も見ます。ほかの人が出ているところは倍速で飛ばしますけど(笑)。

原晋さん
原晋さん

なんでそこまで自分が好きかって?いつも戦っているからじゃないですか。自分が好きじゃないのは、戦っていない証拠ですよ。

原晋さん
原晋さん

仕事で成果を出すためには、会社や上司が提示した目標や方針に合わせて、最大限努力することが大前提です。でも、それが自分と合わないなら、違う場所に移ってもいいと思います。ただしその時は、戦って辞めること。戦って負けたならしょうがない。気持ちを切り替えて次に行けばいい。でも、戦わずして辞めるのは、単なる逃げです。逃げたら自分が嫌いになるだけです。

原晋さん
原晋さん

負けてもね、本気で戦ったんだったら、自分が好きになる。戦って戦って、どんどん自分が好きになったら、いつの間にか、いい仕事ができるようになっていますよ。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました