就活や転職成功におすすめ・古市憲寿氏(社会学者/作家)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、古市憲寿氏(社会学者/作家)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

古市憲寿氏のプロフィール

古市 憲寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 – )は、日本の社会学者、作家。東京都出身。

著書『絶望の国の幸福な若者たち』で注目され、ほかに『誰の味方でもありません』『保育園義務教育化』『平成くん、さようなら』『百の夜は跳ねて』など。

古市憲寿氏の名言集

古市憲寿氏
古市憲寿氏

居場所を複数持てば動ける自由度が増す。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

社会学者になろうと思ったわけではない。そもそも将来の夢などなかった。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

基本的には受け身で、勧められたことをやってきているだけ。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

職業を一つに絞りたくない。収入源が一つというのは非常にリスキーで、それがダメになった時が怖いので。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

できるだけ自分の居場所をたくさん持つようにしています。複数の場所に身を置くことで、むしろ自由に好きなことができると思うんです。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

「努力」より「好き」でできることを仕事に。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

基本的にはラクなことを選んでいる。『好き』な気持ちで取り組めることだけを仕事にしているので、どれも楽しんでやっています。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

努力したら負けだ。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

例えば本当はそれが苦痛なのに努力で絵がうまくなった人と、好きで好きで自然に絵を描いてしまう人だったら、後者の方が絵描きとして長続きすると思うんです。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

なるべく自分が努力と感じずにできること、何時間でも無我夢中で没頭できることを仕事にするようにしています。そのほうがストレスもないし、より良いものを生産したり創作できたりすると思うんです。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

好きでできることを仕事にするためには専門性を持つことが大事だ。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

やりたいことが特に何もなくても、得意なことが一つでもあれば、それを生きる糧にすればいいんです。その才能は誰にも奪えないものだし、それがあると思うだけで気分的にもラクになれます。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

僕の場合は分かりやすい文章を書くことが得意。逆に社会学は、この先何歳まで気づきを得ていけるかあいまいなので、自分の武器だとはあまり思っていません。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

実は小さなころから「愛されキャラ」で、周りが放っておかない存在だった。

古市憲寿氏
古市憲寿氏

自己紹介ができる自分を持つこと。初対面の相手でも、自分は何者かをちゃんと伝えられれば、相手との距離はグッと縮まるはずです。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました