転職成功におすすめ・安藤裕子氏(シンガーソングライター)の名言

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、安藤裕子氏(シンガーソングライター)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

安藤裕子氏のプロフィール

安藤 裕子(あんどう ゆうこ、1977年5月9日 – )さんは、日本のシンガーソングライター、歌手、元女優。

神奈川県出身。フェリス女学院大学卒業。

2003年にミニアルバム「サリー」でデビュー。

2006年に日本酒のCMに起用された「のうぜんかつら(リプライズ)」が話題となり、この曲の収録アルバムが15万枚の大ヒット。

安藤裕子氏の名言集

安藤裕子氏
安藤裕子氏

存在を認められたい。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

子供の頃からお絵描きや工作が好きで、もくもくと何時間も一人で物を作っていた。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

友達ができた9歳までの記憶があまりない。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

印象的なのは、幼稚園の時のかくれんぼで誰にも見つけてもらえなかった光景。まだ私が隠れているのにみんな帰ってしまい、先生さえも気づいてくれなかった。自分のあまりの存在の小ささに驚き『気づかれない自分』を自覚した瞬間でした。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

皆で物を作る楽しさに目覚めたのは、高校時代に映画を作った時だ。この時、初めて他人を介在して作品が広がっていく喜びを経験した。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

芸能プロダクションで宣伝材料用写真を撮る時、笑顔を求められても笑えない自分に、演技者としての限界をいきなり感じる。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

グレーな日常を音楽で彩る。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

音楽の道に進むと決めて、所属していた事務所をやめ、周囲が就職する中、音楽活動を模索する日々。この時期はつらかった。ニートなんてしゃれた言葉は当時なかったし、どこにも属していない自分がすごく心もとなかった。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

元からしゃべることが苦手で、ラジオのコメント取りで号泣したこともあったが、ラジオのパーソナリティーに挑戦することでそれを克服。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

内輪で音楽を楽しむことが好きだったが、仲間で音楽をより楽しむためにも、近年は社会的に発言していく覚悟も決めた。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

自分の進む道がどんな道でも、たとえ見失っても、生きていくことを認めていく。

安藤裕子氏
安藤裕子氏

誰の日常も実はそれほど毎日は輝いてない。それぞれが主人公のグレーな日常。そんな日常に、私の音楽が彩りになればと願っています。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました