就活や転職成功におすすめ・秋田豊氏(サッカー元日本代表)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、秋田豊氏(サッカー元日本代表)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

秋田豊氏のプロフィール

秋田 豊(あきた ゆたか、1970年8月6日 – )さんは、愛知県名古屋市中村区出身の元サッカー選手、サッカー指導者、実業家。

現役時代のポジションはDF。元日本代表。

愛知高校、愛知学院大学を経て、1993年鹿島アントラーズに入団。

ポジションはセンターバック。

強力なヘディングを武器に鹿島アントラーズの9冠に大きく貢献。

2004年より名古屋グランパスエイトに移籍。

2007年より京都サンガF.C.に移籍し、チームのJI昇格に尽力。

2007年12月に現役を引退。

秋田豊氏の転職成功におすすめ名言集

秋田豊氏
秋田豊氏

サッカーで食べていくことは簡単ではない。どうすればいいのか。出した結論が「一つでいいから、何かずば抜けた特徴を持つ」ということ。それで思いついたのがヘディングだったんです。

秋田豊氏
秋田豊氏

人と同じではダメ。何か特徴を持たないと。

秋田豊氏
秋田豊氏

1日1センチの伸びでも365日続ければ、すごい力になる。

秋田豊氏
秋田豊氏

どんなことでも準備期間が必要。結果を出す人には、必ず陰の部分がある。僕の場合、中学、高校、大学と決して目立った選手ではなかった。周りの人たちに「彼は日本代表になれるか」と聞いたら、全員「ノー」と答えたでしょう。

秋田豊氏
秋田豊氏

チャンスって、実はその辺にたくさん転がっているんですよ。でも、準備ができていないと、気付かない。光と陰は一体なんです。

秋田豊氏
秋田豊氏

自分にはなかなかチャンスがやってこないという人がいたら、自分にはどれだけ陰があるか考えてみるといい。大きな陰がないと大きなチャンスはやってこないんですよ。

秋田豊氏
秋田豊氏

若い選手によく言うのは、夢をしっかり持て、ということです。僕の場合は、サッカーで食べていきたいという信念があった。

秋田豊氏
秋田豊氏

夢は何でもいいんです。Jリーグで優勝したいでも、日本代表になりたいでも。自分の中にきっちり夢があれば、迷ったときにそこに立ち返ることができる

秋田豊氏
秋田豊氏

僕は昔からすごい頑固でね。こうと決めたら突っ走ってしまうところがあった。でも、それだけではダメなんです。いろんな人の意見を聞き、柔軟に取り入れていかないと伸びません。

秋田豊氏
秋田豊氏

プロになって、どの意見を取り入れていいのか、判断に迷うことが度々あった。そんなとき自分の核となるような夢や目標があったら、進むべき道が自然とわかってくるんです。

秋田豊氏
秋田豊氏

プロとして仕事をする以上、やりたいことと求められることが違っている場合もたくさんある。でも、自分の夢をしっかり持っていたら、腐らずにミッションに対し最大限の力を発揮することができる。

秋田豊氏
秋田豊氏

一つひとつ実績を築いていき、同時に自分の夢への準備も進めていけばいい。そうすれば、いつか必ずチャンスが訪れる。これは、どんな仕事でも同じだと思いますよ。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました