転職成功におすすめ・motoさん(副業年収4000万)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」けど、行動できない。

そのような不安や悩みを抱えるサラリーマンをこの記事の読者としています。

あなたの転職活動の背中を押すために、年収1,500万+副業年収4,000万=motoさんの名言を揃えました。

私も会社を辞める前に、この名言で勇気をもらいました。それ以来motoさんの大ファンです。

スポンサーリンク

motoさんプロフィール

1987年長野県生まれ。短大を卒業したサラリーマン。本業年収は1,500万、副業では年収4,000万を稼いでいます。

  • 1社目:年収240万円(地方ホームセンター)
  • 2社目:年収330万円(人材広告会社)
  • 3社目:年収540万円(リクルートキャリア)
  • 4社目:年収700万円(スタートアップ→楽天)+副業年収200万
  • 5社目:年収1,000万(ベンチャー企業)+副業年収4,000万
  • 6社目:年収1,500万(スタートアップ企業)+副業年収4,000万

各種SNSを通じて、転職や副業、キャリアや営業戦略に関する知見を発信し、Twitterのフォロワー数は8万人を突破。

2019年8月には著書『転職と副業のかけ算-生涯年収を最大化する生き方-』(2019年8月9日、扶桑社)を出版し、ベストセラーとなっています。

ちなみに「moto」という名前は、転職回数が多く、転職した際に「元○○の人だよ」と紹介されることが多いことから付けたそうです。

また、顔出しNGですが、これは「motoさん」というご自身のキャラクターをプロデュースしている感覚があるようです。「motoさん」だったら、この場面でこういうことを言うかな、など。

motoさん名言集

motoさん
motoさん

転職は「次のつぎ」まで見据えるのが大事よね。年収も大事だけど環境はそれ以上に大事よ。

motoさん
motoさん

会社に退職を告げたとき「年収上げるから残ってほしい」という提案をされても受けない方がいいね。例え給与に不満があっても「お金を出されて残る人」になるより「会社から期待される人」でいる方が長い目で年収は上がる。

motoさん
motoさん

目先のお金よりも「自分のキャリア」を提案してくれる会社を選ぶのが大事よね。

motoさん
motoさん

転職先のオファー年収が高くても「成長できる土壌」がなければ自分の市場価値は伸びなくなる。「その次の転職で今より良いオファーをもらえる人材になれそうか?」まで考えると先々のキャリアに余裕が生まれる。

motoさん
motoさん

環境や他人に何かを求めず、自分で行動する癖を持つのが大事よな。

motoさん
motoさん

「今の仕事にどんな価値があるか?」という悩みを持つ人いるけど、仕事に価値を求めるより「自分の価値をどう出すか?」を考える方が大事よ。仕事自体に価値があるわけではなく、自分の経験値と信頼を掛け合わせることで価値が生まれる。目の前の課題と向き合って行動すれば自ずと仕事に価値が出るよ。

motoさん
motoさん

就活や転職における企業選びは「自分が成長できる環境があるか?」という視点だけでなく「自分がこの会社を伸ばしたいと思うか?」「この会社を通じて顧客にどんな価値が提供できるか?」という目線も持っておくといい。市場価値は「顧客から評価される行動」に紐付くから顧客も含めた環境で選ぶべし。

motoさん
motoさん

本業も副業も「何をやるか」を考えがちだけど「何をやらないか」を決めるのも大事よね。売上目標やKPIの設定はやるべき行動を決める数字である一方で「やらない行動を決めるもの」でもある。成果を最大化するために、現時点で取るべき必要のない行動は何か?を考える視点も仕事をする上では大事よね。

motoさん
motoさん

リクルートとかで新卒事業やってきて思うけど、就活という短い期間で十数年先のリーマン生活を見通すなんて無理よ。学生時代の半年とか一年の就活期間で考えてたことなんて、社会人を数年やったら変わるのは間違いない。就活も基本的に転職前提で考えた方がいいと思うね。転職は今の時代当たり前よ。

motoさん
motoさん

市場価値が低いリーマンには「伝言ゲームが出来ない」という共通点があるね。事実と自分の意見を混ぜて共有したり、本来伝えるべき点を伝えることができなかったりする。「正しい情報共有」をするためには自分の意見に固執せず「事実」をきちんと受け止めるのが大事。これが出来ない人、意外と多いよ。

motoさん
motoさん

転職で年収上げるのも大切なんだけど、転職先へ入社することで自分の市場価値が上がるかという視点も大切。目先で年収上がっても、その後の市場価値が伸びないキャリアになってしまうと年収は伸びないし最悪の場合転職すらできなくなる。生涯年収上げるためには目先の年収だけで判断しない方がいいよ。

motoさん
motoさん

「市場価値の高い仕事は何ですか?」と聞かれるけど、どんな仕事でも成果にコミットして行動し続ければ自ずと市場価値は上がると思うよ。より高い成果を出すために何をすべきか?を自分に問い続けて、それが結果になれば価値は上がる。イイ会社にいても上司に言われたことしかやらなければ伸びないよ。

motoさん
motoさん

キャリアは「足し算」ではなく「かけ算」で考えるのが大事よ。今の自分にどんな経験やスキルを掛け合わせたら自分の価値を最大化できるか考えた上で転職先を選ばないと市場価値は伸ばせない。目先の年収は企業規模や業界を変えれば上がるけど、長い目で自分の価値を上げる掛け合わせを考えるといいよ。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの転職活動に力を与えることを願っています。

書籍紹介

名言だけでなく、motoさんの思想や考え方などを知りたい方は下記書籍をご参考ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました