転職成功におすすめ・松下幸之助氏(パナソニック創業者)の名言

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」けど、行動できない。

そのような不安や悩みを抱えるサラリーマンをこの記事の読者としています。

あなたの転職活動の背中を押すために、パナソニック創業者・松下幸之助さんの名言を揃えました。

私も会社を辞める前に、この名言で勇気をもらいました。

スポンサーリンク

松下幸之助さんプロフィール

松下 幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 – 1989年〈平成元年〉4月27日)さんは、日本の実業家、発明家、著述家。


パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者です。異名は経営の神様

自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。

悟り人
悟り人

松下幸之助氏は経営者としてだけでなく、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。素晴らしい人です。

松下幸之助さん名言集

松下幸之助氏
松下幸之助氏

人は何度やりそこなっても、「もういっぺん」の勇気を失わなければ、かならずものになる。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

人の長所が多く目につく人は、幸せである。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

石の上にも三年という。しかし、三年を一年で習得する努力を怠ってはならない。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

いくつになってもわからないものが人生というものである。わからない人生を、わかったようなつもりで歩むほど危険なことはない。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

知るとは、単に知識によって理解するのではなく、体得してはじめて知ったことになる。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

常識は大切。 しかし、新しいものを生み出すには、常識から自分を開放することもまた重要である。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

山は西からも東からでも登れる。 自分が方向を変えれば、 新しい道はいくらでも開ける。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

人には燃えることが重要だ。燃えるためには薪が必要である。薪は悩みである。悩みが人を成長させる。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

何事もゆきづまれば、まず、自分のものの見方を変えることである。

案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れがちである。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

ツキをもたらす5つの条件。

成功する人はいい習慣をもっている。

手紙を書く、メモをとる、本を読む、どこへでも飛んでいく、その日にすべきことはその日にやってしまう。

師匠から成功のコツを学び、師匠を身近に探し求める。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

人がこの世に生きていく限り、 やはり何かの理想を持ちたい。

希望を持ちたい。

それも出来るだけ大きく、 出来るだけ高く。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

仕事には知恵も大事、才能も大事。

しかし、もっと大事なことは些細と思われること、平凡と思われることも疎かにしない心がけである。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

自分には自分に与えられた道がある。

広い時もある。

せまい時もある。

のぼりもあればくだりもある。

思案にあまる時もあろう。

しかし心を定め、希望を持って歩むならば必ず道は開けてくる。

深い喜びもそこから生まれてくる。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

失敗しない人は成功しない。

なぜならチャレンジしないからである。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

苦しかったらやめればいい、無理をしてはならない。

無理をしないといけないのはレベルが低い証拠。

真剣に生きる人ほど無理はしない。

無理をしないというのは消極的な意味ではない。

願いはするが無理はしない。

努力はしても天命に従う。

これが疲れないこつである。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。

けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。

松下幸之助氏
松下幸之助氏

失敗することを 恐れるよりも、真剣でないことを 恐れたほうがいい。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの転職活動に力を与えることを願っています。

書籍紹介

名言だけでなく、松下幸之助さんの思想や考え方などを知りたい方は下記書籍をご参考ください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました