あなたの転職を応援する植村花菜氏(シンガーソングライター)の名言

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、植村花菜氏(シンガーソングライター)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

植村花菜氏のプロフィール

植村 花菜(うえむら かな、1983年1月4日 – )さんは、日本の女性シンガーソングライター。

本名:清水 花菜(しみず かな)。愛称は、カナちゃん、カナ吉。兵庫県川西市出身。

2005年5月にシングル「大切な人」でキングレコードからメジャーデビュー。

10年3月にリリースしたミニアルバム「わたしのかけらたち」の中の「トイレの神様」で注目されます。

植村花菜氏の名言集

植村花菜氏
植村花菜氏

歌うことで乗り越えてきた。

植村花菜氏
植村花菜氏

子供の頃から、どんなにしんどい時でも歌っていれば元気になり乗り越えられるという気持ちになりました。

植村花菜氏
植村花菜氏

歌手になると決めて以来、歌の練習を1日も欠かしたことはありません。自分の歌を録音して聴いてはダメな部分をチェックしていました。

植村花菜氏
植村花菜氏

アルバイト先の居酒屋ではエプロンのポケットにコースターをしこみ、歌詞がうかべばメモ。1日に何十枚もたまるコースターを帰宅後にまとめ、ギターで弾いた。

植村花菜氏
植村花菜氏

分かりやすくて、人の心にすっと入り、聴いてくれた人が元気になれる曲を歌いたい。

植村花菜氏
植村花菜氏

骨身を削る覚悟が出来た。

植村花菜氏
植村花菜氏

もともと超がつくほど前向きな性格なんです。

植村花菜氏
植村花菜氏

約10分というほとんど異例の長さの曲は宣伝がしにくいと言われたけど、この曲の良さが失われるからと一切削らなかった。

植村花菜氏
植村花菜氏

シンガー・ソングライターは、ほんの数分で人の心を動かせるすばらしい仕事。

植村花菜氏
植村花菜氏

作り手は骨身を削って曲を書き、自分をさらけ出さないといけない。

植村花菜氏
植村花菜氏

人は大きな幸せや遠くばかりを見ていると目の前の幸せが分からなくなります。

植村花菜氏
植村花菜氏

私は日常のささいな幸せを感じられる曲を歌い、大きなことは言えなくても、悩んでいる人が前に進むためにそっと背中を押せたらうれしい。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました