転職活動・採用成功におすすめ!高樹のぶ子氏(作家)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、高樹のぶ子氏(作家)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

高樹のぶ子氏のプロフィール

高樹 のぶ子(たかぎ のぶこ、1946年4月9日 – )さんは、日本の小説家・日本芸術院会員。

元九州大学アジア総合政策センター特任教授(アジア現代文化研究部門)。

本名は鶴田信子(つるた のぶこ)。

2019年(平成31年)に毎日新聞出版から刊行された『ほとほと 歳時記ものがたり』では、装丁・中身ともに髙樹のぶ子の表記。

山口県生まれ。

東京女子大学短期大学教育学科卒業後、出版社勤務を経て、1980年に『その細き道』で作家デビュー。

1984年『光抱く友よ』で芥川賞、1999年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞を受賞。

その他、『マイマイ新子』『百年の預言』など多数の著書があります。

転職成功におすすめ名言集

高樹のぶ子氏
高樹のぶ子氏

仕事は自分ができることではなく、やりたいことで選んだほうがいい。できるかどうかは、後で考えればいいことですから。

高樹のぶ子氏
高樹のぶ子氏

どんなに非力でも、全体重を一点にかけると壁に小さな穴くらいは開くもの。そこから穴を少しずつ広げていくんです。無我夢中で一点に集中して体重をかける。それができるかどうかで、結果が全然違ってくるんです。

高樹のぶ子氏
高樹のぶ子氏

自分を信じること。そして、大義を持つといい。お金や地位のためとか、よこしまなものがあると迷いが生じます。迷うと一点加重ができません。自分のしていることは人のためになる。そう信じている人は強いんですよ。

高樹のぶ子氏
高樹のぶ子氏

傷って、悪いことばかりではないんです。人生の栄養や知恵は、傷口から入ってきて心の奥に届くんですよ。

高樹のぶ子氏
高樹のぶ子氏

人生にはいいときもあるけど、悪いときも必ずある。でも、そこから逃げちゃダメ。辛いことがあったとき、中途半端に忘れようとするのが一番良くない。何事も突き詰めると事態は反転します。だから、辛さは100%味わったほうがいいんです。

高樹のぶ子氏
高樹のぶ子氏

辛い状況はそう長くは続きません。心底辛い思いをしたとき、人は何とかして立ち直ろうとするものです。寝込んで、泣いて、わめいて。でも、そんな状態が続くのもせいぜい1日か2日。

高樹のぶ子氏
高樹のぶ子氏

声をかけておくと、そのときは反応がなくても、時間が経ってから相手が思い出してくれることもある。だから思っているだけではなく、行動を起こすことがすごく大事なんですよ。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました