転職成功におすすめ・宮本茂氏(スーパーマリオ生みの親)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」けど、行動できない。

そのような不安や悩みを抱えるサラリーマンをこの記事の読者としています。

あなたの転職活動の背中を押すために、『スーパーマリオシリーズ』『ゼルダの伝説シリーズ』『ドンキーコングシリーズ』の生みの親・宮本茂さんの名言を揃えました。

私も会社を辞めて新たなチャレンジをする時に、この名言で勇気をもらいました。

スポンサーリンク

宮本茂さんのプロフィール

宮本 茂(みやもと しげる、1952年11月16日 – )さんは、日本のゲームプロデューサー。

任天堂株式会社の情報開発本部本部長、専務、クリエイティブフェローなどを歴任。

『マリオシリーズ』、『ゼルダの伝説シリーズ』、『ドンキーコングシリーズ』の生みの親として知られています。

2019年、ゲーム関係者としては史上初となる文化功労者に選定されました。

宮本茂さんの名言集

宮本茂さん
宮本茂さん

アイディアがまとまるのは、お風呂に入ってる時かな。お風呂で浮かんだアイディアはかなり正確ですが、逆にアテにならないのが布団の中のアイディア。

宮本茂さん
宮本茂さん

大好きなことに打ち込む。

宮本茂さん
宮本茂さん

ゲーム制作はですねー、夢のような世界ですよー。

宮本茂さん
宮本茂さん

運が良かった。

宮本茂さん
宮本茂さん

ナンバー1になるにはリスクを冒す必要があります。

宮本茂さん
宮本茂さん

トップになるには多くの努力を仕事に払う必要がある。

宮本茂さん
宮本茂さん

任天堂は技術よりも独創的な何かを見つけることに重点を。

宮本茂さん
宮本茂さん

腰引かずにバット振ろう!みたいなのがね、最近のモットーなんですよね。思いっきり振ったら当たれば飛ぶ。

宮本茂さん
宮本茂さん

あえて作り過ぎない。

宮本茂さん
宮本茂さん

任天堂らしさとは人を楽しませることに貪欲。

宮本茂さん
宮本茂さん

流行を追いかけるのではなく、自分自身が何を作るかが一番大事。

宮本茂さん
宮本茂さん

古いか新しいかとかよりずっと残るものを創りたい。

宮本茂さん
宮本茂さん

常にがむしゃらに目先のことを追い続けてきた。

宮本茂さん
宮本茂さん

「それは他にない」とか「このテーマを扱ったことはなかった」というようなことが大事。

宮本茂さん
宮本茂さん

僕らは常に未来の理想に向けてではなく、今やれる最高のことだけを目指してきた。

宮本茂さん
宮本茂さん

アイデアというのは複数の問題を一気に解決するものである。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました