新卒入社して15年間務めた人材会社の退職金を公開

お金

私は2019年12月末で、15年間務めた人材会社を退職し、サラリーマンを卒業しました。

2020年からは、自由業として生活しています。

そこで今回は、私のサラリーマン時代(2005年4月~2019年12月までの15年間)の退職金を公開します。

スポンサーリンク

退職金とは?

念のため、退職金の概要をウィキペディアから抜粋して紹介します。

退職金(たいしょくきん)は、退職した労働者に対し支払われる金銭。日本では退職手当、退職慰労金などと呼ばれることもある。

退職金は本質的には賃金の後払いであり、終身雇用制を基調とした日本においては永年勤続を奨励する意味もあり広く行き渡っている制度であるが、法定された制度ではなく、退職金制度を設けなくても違法ではない。

ウィキペディア(Wikipedia)

つまり、企業によって退職金の有無やその金額はさまざまということですね。

では、私のケースを紹介していきます。

りそな銀行から郵便はがきが届く

2019年12月27日に「りそな銀行 年金業務部 年金サポート室」から郵便はがきが届きました。

ちなみに私は2019年12月末日が退職日で、最終出社日がこの日(2019年12月27日)に該当します。

はがきの中を開いて見ると・・・。

退職所得の源泉徴収票・特別徴収票

画像が見にくいかもしれませんので、画像の左側半分から順番に説明していくと、

「支払いを受ける者」の欄があり、そこには

  • 現住所:現在の住所
  • 平成31年1月1日の住所:平成31年(2019年)1月1日時点での住所
  • 氏名:私の名前

が記載されています。そして「区分」の欄には

支払金額:5,190,000

が記載されていて、

  • 退職所得控除額:600万円
  • 勤続年数:15
  • 就職年月日:(平成)17年4月1日
  • 退職年月日:(令和)1年12月31日

となっていました。

で、結局いくらもらえるのか?なのですが、今回の場合、退職所得控除額が600万円。つまり600万円までは税金がかからないことになっているため、私の退職金は519万円で600万円に満たないため、519万円満額もらえることになります。

そして、画像の右半分には「一時金のお知らせ」が記載されていて

  • この一時金をお支払いする委託者名:私が勤めた会社の名前
  • ご送金日:令和2年1月6日
  • 一時金給付金額:5,190,000円
  • 徴収税額:0円
  • 差引お支払額:5,190,000円
  • ご送金方法:私の銀行口座

となっています。

退職金は意外と早く振り込まれるようです。退職して一か月程度はかかると思っていたので、嬉しい気持ちになりました。

以上、15年間サラリーマン勤めをした私の退職金報告でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました