非上場企業の従業員持株会を退会したので運用実績を公開します

お金

「務めている会社の持株会に入会すべきか?」

会社に持株会制度がある方は、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

とくに一番の疑問は「儲かるの?お得なの?」だと思います。

ちなみに、私は持株会を”勧める”わけでも”勧めない”わけでもありません。

ただ単に、持株会に入会していた私の実績を公開している記事となります。

スポンサーリンク

そもそも持株会で得するには?

実績公開の前に、そもそも持株会で儲かるために必要なことを簡単に述べます。

持株会で”得する”か”損する”かは、会社の業績が影響します。

つまり、会社の業績が上がれば持株会で保有した株の価値も上がって得をします。

反対に、会社の業績が下がれば持株会で保有した株の価値は下がって損をします。

持株会の実績公開

これまでの運用実績を記したハガキが届いたので、その画像をアップします。

入会年月:2005/04・・・持株会に入会した年月

保有株数:2484.106株・・・持株会でこれまでに購入した株数

繰越金:4,024,581円・・・株購入のために繰り越している金額

積立金額累計:3,215,000円・・・これまでに積み立てた金額

株式購入金額累計:3,021,773円・・・持株購入に使用された金額

(「株式購入金額累計:3,021,773円」を「保有株数:2484.106株」で割れば、一株あたりの購入金額を算出することができます。購入金額は1株あたり1,216円になります)

精算年月日:2020/01/27・・・持株を精算した年月日

清算代金:13,439,013円・・・持株を精算した代金

精算単価:5410円・・・精算時の持株1株あたりの単価

繰越金より引出:4,024,581円・・・株を購入するために繰り越していた金額

合計支払金額:17,463,594円・・・最終的に会社から支払われた金額

簿価金額:3,021,773円・・・持株購入にかかった金額

という結果でした。

私のケースでは、持株会に入会することで、儲けることができました。

(1株あたり約1,216円で購入した株を5,410円で売却することができました)

以上、15年間サラリーマン勤めをした私の従業員持株会の報告でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました