転職活動や採用成功におすすめ・俳優・大谷亮平さんの名言集

転職

「仕事を辞めたい」「転職したい」「会社に行きたくない」など、

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者の方をこの記事の読者としておすすめします。

あなたの転職活動の背中を押すために、俳優・大谷亮平さんの名言をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

大谷 亮平(おおたに りょうへい、1980年10月1日 – )さんは、日本の俳優、モデル。

大阪府吹田市出身。

海外で活躍した後、日本での活動を始めた逆輸入型俳優という共通点から「第2のディーン・フジオカ」と称されています。大谷さんはそういった評判に対し、「境遇が似ているので、そういうふうに言ってもらえて光栄です」と語っています。また、ハーフ説などの憶測も流れるが、ハーフではないと否定しています。

10歳の頃からバレーボールに親しみ、中学3年生の時に大阪府で優勝。高校は大阪府のバレーボール強豪校である清風高等学校バレーボール部に所属し、3年生の時には大阪代表選抜チームの主将として国民体育大会バレーボール競技に出場しました。韓国でも社会人バレーボール部に所属していました。

名言集

大谷亮平さん
大谷亮平さん

自分を知るために必要な挫折があった。

大谷亮平さん
大谷亮平さん

後で悔いないよう若いうちに恥をかく。

大谷亮平さん
大谷亮平さん

場数を踏みたかった。理屈で考えるよりもまず、経験。

大谷亮平さん
大谷亮平さん

唯一後悔しているのは「若いうちにもっと恥をかき、失敗しておけばよかった」ということ。

大谷亮平さん
大谷亮平さん

実は僕、かなり慎重な性格で、かつ理屈で物事を考えるタイプなんです。だから失敗を恐れて回避してしまったことが多々ある。あの時聞いておけばよかったと思うこともたくさんあります。

大谷亮平さん
大谷亮平さん

自戒を込めて若い人には「一日くらいはウジウジ考えてもいいけど、その後はすぐ動こう」と伝えたい。

大谷亮平さん
大谷亮平さん

失敗しても恥をかいても、それは絶対、後の自分にプラスになる。

大谷亮平さん
大谷亮平さん

人生を楽しみたいという欲があるので、やっぱり自分が興味のあることを仕事にしている。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました