「大阪の病院が異状死届け出ず」にみる医師転職の成功方法

転職

医師の働き方に関する驚きのニュースが飛び込んできました。

下記に共同通信の記事を引用します。

大阪府結核予防会大阪病院で約2年前、肺結核で入院していた男性患者が入浴中の事故で死亡した疑いがあるのに、医師が死因を「肺結核」としていたことが2019年12月18日、病院への取材で分かった。医師法に基づく異状死の届け出をしていなかった。

共同通信

真相はこれから解明されるはずですが、さすがに医師が届け出するのを「忘れていた」とは考えにくいため、病院として何かしらの「隠ぺい工作」があったのでは?と疑われてしまいそうなニュースですね。

医師で転職を考えている人は、しっかり転職先の病院を選んで下さいね。

求人を募集している病院が、必ずしもあなたの希望とマッチする病院とは限りません。

今回は、転職を考えている医師の方に「間違えない転職先の探し方」をご紹介します。

スポンサーリンク

転職先探しの考え方

医師の方で「転職をしたいけど、最初に何をしたら良いのか分からない」と考えている方は多く存在します。

そのような中でも「転職できさえすればどんな職場でもいい」と考える医師はいないでしょう。

自身が理想とする働き方、ひいては人生を手に入れるために、より良い環境を求めて職場を変えたいはずです。ただし、希望通りの転職を実現するためには「戦略」が欠かせません。

医師専門のキャリアアドバイザーに相談する

具体的な転職先の探し方は「医師専門のキャリアアドバイザー」に相談することです。

キャリアアドバイザーは、医師の転職活動を、希望の内容でトータルサポートしてくれます。

つまり、転職先に関する希望やこだわりをこまやかにヒアリングしてくれて、最適な転職先を提案してくれる存在なのです。

キャリアアドバイザーと共に「戦略的」に転職活動を行うことが採用成功のポイントです。

下記に医師専門のキャリアアドバイザーがいるサービスを載せておきます。登録・相談は無料なので、転職を考えている方はまずは会員登録されることをお勧めします。

医師の転職、アルバイトならマイナビDOCTOR

コメント

タイトルとURLをコピーしました