クリス・ロックさんのプロフィールと経歴と問題発言まとめ

スポンサーリンク
話題

皆さんは、アメリカのタレント、クリス・ロック(Chris Rock)さんをご存じでしょうか?

スタンダップ・コメディアン、俳優として活躍している男性です。

そこで、この男性のプロフィールと経歴と問題発言をご紹介します。

プロフィール

クリス・ロック(Chris Rock、1965年2月7日 – )さんは、アメリカ合衆国サウスカロライナ(アンドリュース)出身のスタンダップ・コメディアン、俳優。脚本家、プロデューサー、映画監督としても活動。米コメディ専門チャンネル“コメディ・セントラル”が選ぶスタンダップ・コメディアンベスト5位。エミー賞3回、グラミー賞を3回受賞。

経歴

1984年、ロックはニューヨークのコメディークラブ“Catch a Rising Star”でスタンダップ・コメディを始めます。マイアミ・バイスなどのドラマに出演していましたが、とあるナイトクラブで彼の演技を見たエディ・マーフィが、ビバリーヒルズコップ2で映画デビューさせます。

1990年、「サタデーナイトライブ(SNL)」でスケッチ・コメディーシリーズの主要キャストとなり、クリス・ファーレイ、アダム・サンドラー、ロブ・シュナイダー、デヴィッド・スペードらとともに”バッドボーイズオブSNL”として一躍有名になります。 1993年、サタデーナイトライブを辞めたのちFOXの「イン・リビング・カラー」(ジム・キャリーの出演で有名)などを経て、映画の仕事に集中しますが、自身が脚本・製作したモキュメンタリー映画「CB4」が成功せず、再びスタンダップ・コメディーに注力します。

1994年のHBOコメディ特番「Big Ass Jokes」、’96年の「ニガズ対ブラックピープル」を含む番組「Bring the Pain」などが高い評価を得て、それぞれエミー賞を受賞。コメディ・セントラルの政治番組「Politically Incorrect」のコメンテーターで再度エミー賞にノミネート。’97にはHBOで冠番組「The Chris Rock Show」がスタートしたほか、MTV Video Music Awardsのホストを務めます。’99年のHBO特番「Bigger & Blancker」や、2003年に首都ワシントンD.C.で行われたライヴ『Never Scared』を収録したコメディアルバムは第48回グラミー賞において最優秀コメディ・アルバム賞を受賞。2005年の第77回アカデミー賞でホストを務め、その発言が物議を醸しました。米タイム誌やエンターテインメント・ウィークリーで“The funniest man in America(アメリカで最も面白い男)”と評価されます。

2016年、第88回アカデミー賞で2度目の司会を務めました。

問題発言

2016年、ロックは第88回アカデミー賞授賞式で「アジア人は数学が得意」といったステレオタイプを強調した寸劇を披露。(プレゼンターを務めたサシャ・バロン・コーエンもまた、「アジア人は勤勉で性器が小さい」といった内容を含むジョークを披露していました。)これに対し、アジア系アカデミー会員たちが、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーに抗議の手紙を送りました。映画芸術科学アカデミーはこれに対し、「アカデミーは懸念を知らせてくださったことに感謝するとともに、どんな要素であっても授賞式が侮辱的なものになってしまったことを遺憾に思っています。今後の授賞式では、もっとそれぞれの文化に配慮できるよう、全力を尽くします」とコメントしました。

2022年第94回アカデミー賞授賞式では女優ジェイダ・ピンケット・スミスの短い髪形についてジョークを飛ばし(ジェイダは脱毛症と診断されたことを2018年に告白していた)、その夫ウィル・スミスに平手で殴打されました。

人気のグラビアアイドル動画はコチラ
話題
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
この記事の作成者「悟り人」をフォローする
悟り人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました