転職成功におすすめ・現代美術家・アレクサンダー・ゲルマン氏の名言

転職

「仕事を辞めたい」「転職したい」「会社に行きたくない」など、

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者の方をこの記事の読者としておすすめします。

あなたの転職活動の背中を押すために、現代美術家、アレクサンダー・ゲルマンさんの名言をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

Alexander Isaakovich Gelman

アレクサンダー・ゲルマン(Alexander Isaakovich Gelman)さん。

1967年生まれ。

90年代から、ニューヨークを拠点にグラフィックデザイナーとして活躍。

企業のブランディングに定評があり、100本以上のCMやプロモーションビデオを制作しました。

イエール大学、マサチューセッツ工科大学メディアラボの客員教授などを歴任。

ニューヨークアートディレクターズクラブ賞、米国グラフィックアート協会賞などを受賞。

著書『Subtraction』は4カ国語に翻訳され、ベストセラーとなりました。

38歳でビジネス界を引退した後は、現代美術家として活躍。

日本の伝統工芸とコラボレーションした作品で話題となっています。

転職活動におすすめの名言

アレクサンダー・ゲルマンさん
アレクサンダー・ゲルマンさん

世の中は複雑です。企業の考え方もまた複雑ですよね。いろんな人の思惑が入り組んでいますから。それをシンプルに表すためには、複雑なものの中から、「本質」を探し出さなくてはなりません。

アレクサンダー・ゲルマンさん
アレクサンダー・ゲルマンさん

質問をする前に勉強をし、情報をしっかり手に入れておくこと。順序立てて答えがもらえるように、質問を整理整頓しておくこと。そして一番重要なのが、質問をする際に先入観を持たないことです。

アレクサンダー・ゲルマンさん
アレクサンダー・ゲルマンさん

すべての情報が集まったら、本質的だと思うものを抜いてみる作業をします。そして、それが抜けた後どうなるか、さまざまな組み合わせを試してみるんです。何度も何度も繰り返し検証してみるといい。

アレクサンダー・ゲルマンさん
アレクサンダー・ゲルマンさん

頭をフリーにしていくこと。一切の判断をしてはいけません。プロセスの間は、先入観や主観、偏見を持たないことが大切なんです。

アレクサンダー・ゲルマンさん
アレクサンダー・ゲルマンさん

日本人の創造性は目を見張るものがあります。よく日本の文化は「コピー文化だ」という言われ方をします。でもそれは違います。そもそも文化はいろんなものの影響を受けあって成り立っているものなんです。

アレクサンダー・ゲルマンさん
アレクサンダー・ゲルマンさん

日本の文化はコピーではなく、他からの影響を受けて生み出された新しい文化です。

アレクサンダー・ゲルマンさん
アレクサンダー・ゲルマンさん

創造性、好奇心、寛容さ、正直など、日本人のいいところはたくさんあります。こういった強みを大切にしてほしいと思いますね。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました