転職成功におすすめ・高田明氏(ジャパネットたかた創業)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」けど、行動できない。

そのような不安や悩みを抱えるサラリーマンをこの記事の読者としています。

あなたの転職活動の背中を押すために、ジャパネットたかた創業者・高田明さんの名言を揃えました。

私も会社を辞めて新たなチャレンジをする時に、この名言で勇気をもらいました。

スポンサーリンク

高田明さんのプロフィール

髙田 明(たかた あきら、1948年11月3日 – )さんは、日本の実業家です。

ジャパネットたかたの創業者や、同社が制作するテレビ・ラジオショッピング番組のMCとしても知られています。2015年1月16日までは、ジャパネットたかたの初代代表取締役社長を務めていました。

高田明さんの名言集

高田明さん
高田明さん

常に一流を目指す。

高田明さん
高田明さん

どのような仕事も半端ではお客に感動を与えられない。満足した瞬間に負けます。

高田明さん
高田明さん

人間は捉え方次第で、いくらでも前向きになれるものです。

高田明さん
高田明さん

仕事で間違った判断をするのはよくあること。大事なのは「いかん。失敗したかもしれない」と思った時に、それを受け入れ、スピードを持ってすぐに対応できるかどうかなのです。

高田明さん
高田明さん

周りの皆が幸せであってくれればいい。会社を大きくすることに魅力は感じない。

高田明さん
高田明さん

やり続ければ結果につながる。

高田明さん
高田明さん

変化に対応するには、自己否定できることがすごく大事です。すべて打ち消すという意味でなく、常に変わろうと考え、何かを求めていく心を持たなければなりません。

高田明さん
高田明さん

決して無理をしない。背伸びをしない。自分たちのペースを守って、着実な成長を心がけてきた。

高田明さん
高田明さん

将来どうなるという想定はしますが、確定させることはできないので、今、最善を尽くしていく。それが僕のやり方です。将来を考えるよりも、今やることで次が見えるようにする。目標のない積み上げ方式です。

高田明さん
高田明さん

自分にとってのマイナスを極力小さくしたいという思いが、ミスから逃げてしまう原因になります。ミスから目を背ける方が楽でしょうが、問題を大きくしてしまうリスクがとても大きくなる。ミスや過ちを認めて丁寧な対応をする方が、結果としてマイナスを小さく済ませることになるのです。

高田明さん
高田明さん

重要なのはブレない考え方だと思っています。私たちは人間として大事なものを見失ってはいけません。人間が本来持っている感情の中に、ビジネスは存在しています。

高田明さん
高田明さん

未来や過去のことよりも、目の前の課題が大切なんです。未来を変えていくのは、いましかないんです。

高田明さん
高田明さん

どんなことでも、自分でダメだと思っているうちは、ダメなままなんですね。ダメだと思いながら惰性で仕事を続けていても、楽しくはない。そうした場合は、ダメじゃなくする方法を考えて、一歩ずつでも理想に近づけていく。

高田明さん
高田明さん

「できない理由」なんて何一つない。どれもやれば、「実現可能」だと思うんです。

高田明さん
高田明さん

どうしたら想いが伝わるのか。下手でもいいから、自分の想いを自分の言葉で素直に話すことです。

高田明さん
高田明さん

他者を気にするのではなく、意識すべきは自分自身の信念と、自分の事業の先にあるお客様である。

高田明さん
高田明さん

努力しているけど実現できないという人は、努力の回数が足りていなかったり、努力の方法が間違っているだけ。今できることは すべて考えて、できるまで継続してみることです。

高田明さん
高田明さん

何をするにも人生で手遅れなんてことはないのですが、1つだけ言いたいのは、どんな挑戦でも、やるなら今すぐ始めましょうということです。

高田明さん
高田明さん

あまり若いうちに自分を固めないことです。無理に夢なんて持たなくていい。若いうちはいろんな人に出会い、いろんな本を読むべきです。最初から完成形を目指さずに、徐々に変化していけばいいと思います。

高田明さん
高田明さん

できないと決めているのは誰かというと、自分自身なんです。人は決めませんから。まず自分ができると信じること、あまり考えずに思ったようにやってみること。やってみてできなかったから、やり方を変えてみればいい。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

書籍紹介

名言だけでなく、思想や考え方などをより深く知りたい方は下記書籍をご参考ください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました