転職活動や採用成功におすすめ・行定勲氏(映画監督)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、行定勲氏(映画監督)の名言を揃えました。

行定勲氏のプロフィール

行定 勲(ゆきさだ いさお、1968年8月3日 – )さんは、日本の映画監督。

97年に長編映画監督デビュー。『GO』『北の零年』など話題作を多く手掛けています。

行定勲氏の名言集

行定勲氏
行定勲氏

綱渡りのように映画の世界に入り、足掛け11年助監督をしていました。そう言うと下積みが長かったですねと言われるけれど、正直、その感覚はなかった。

行定勲氏
行定勲氏

参加している作品に対し、最大限、自分に何が出来るのかだけを考え、取り組んでいました。もし、修業とか働かされているという意識だったら、経験を確実にものにしていくことは出来なかったと思う。

行定勲氏
行定勲氏

全然納得していない。それどころか、今なお自分が手にしたいものを目指し、四苦八苦している。

行定勲氏
行定勲氏

他人の評価は気にしない。

行定勲氏
行定勲氏

時にはボロクソに言われることもあります。一時的に落ち込みますが、実はそんなに気にしていません。たくさん賞をもらった『GO』なんて全然自信がなかったけれど、いまだに海外で高く評価されていますし。

行定勲氏
行定勲氏

評価はあくまで他人が決めるもの。だから振り回されることなく、同時に自己評価も必要ない。

行定勲氏
行定勲氏

失敗が続き、「もう無理、辞めたい」と思って上司に相談したら、「お前は勝手に自分の価値を決めている。誰もクビと言っていないんだから辞めなくていい。お前がダメなやつでもダメなりに居る意味はある。辞めろと言われるまではやり続けろ」と。この言葉は僕の原点です。

行定勲氏
行定勲氏

自分で『もう無理』『向いてない』と決めなくていいんだと思ったら、気持ちがラクになったのを今でも覚えています。

行定勲氏
行定勲氏

僕がいちばん大切にしてきたことは、「嫌悪感を感じるものは避ける」ってことなんです。「なんでこんな空気になっちゃうの」とか「こういう風になりたくないな」と感じるものって、結構あるんですよ。

行定勲氏
行定勲氏

嫌悪感を抱くものに関しては、空気に染まらない努力をすることってすごく大事。抜け出す勇気を持つことです。一人になると寂しいですけどね(笑)。でもそうやって、個性っていうのは作られていくし、それが次のステップにつながっていくんです。

行定勲氏
行定勲氏

大事なのは、自分で道を作ること、そしてその道を自分で選択することなんです。

行定勲氏
行定勲氏

歴史に残る作品を撮りたい。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、思想や考え方などをより深く知りたい方は下記作品をご参考ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました