あなたの転職を応援するタナダユキ氏(映画監督)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、タナダユキ氏(映画監督)の名言を揃えました。

タナダユキ氏のプロフィール

タナダ ユキ(1975年8月12日 – )さんは、日本の映画監督、脚本家、小説家。

福岡県北九州市出身。

デビュー作である『モル』にて、2001年のPFFアワードグランプリを受賞。

代表作として『百万円と苦虫女』、『ふがいない僕は空を見た』があります。

タナダユキ氏の名言集

タナダユキ氏
タナダユキ氏

過酷な状況だからといって安易に可哀想と決めつけるのはよくない。

タナダユキ氏
タナダユキ氏

だから余計な演出はしない。

タナダユキ氏
タナダユキ氏

人生賛歌もしない。

タナダユキ氏
タナダユキ氏

助監督になるとか、人に聞くとかという発想もなく、とにかく自分の作品を撮らなければと思い、自主制作したのが初監督作『モル』でした。

タナダユキ氏
タナダユキ氏

やれることを手当たり次第やる。

タナダユキ氏
タナダユキ氏

自分がこれと言ったことに全責任を取る。

タナダユキ氏
タナダユキ氏

やると言った以上は最後までやる。その覚悟が必要。

タナダユキ氏
タナダユキ氏

社会性がなく他のことはできないから、今はずっと映画を撮り続けていきたいと素直に思います。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、思想や考え方などをより深く知りたい方は下記作品をご参考ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました