転職成功におすすめ!北野唯我氏(「転職の思考法」作家)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」けど、行動できない。

そのような不安や悩みを抱えるサラリーマンをこの記事の読者としています。

あなたの転職活動の背中を押すために、ベストセラー作家・北野唯我さんの名言を揃えました。

私も会社を辞めて新たなチャレンジをする時に、この名言で勇気をもらいました。

スポンサーリンク

北野唯我さんのプロフィール

北野 唯我(きたの ゆいが、1987年 – )さんは、日本の実業家。

兵庫県出身。新卒で博報堂の経営企画局・経理財務局で中期経営計画の策定、MA、組織改編、子会社の統廃合業務を担当。

その後、ボストンコンサルティンググループに転職し、2016年ワンキャリアに参画、最高戦略責任者。

デビュー作『転職の思考法』(ダイヤモンド社)が16万部突破。2作目『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版社)が10万部を突破。

また『分断を生むエジソン』(講談社)、『OPENNESS 職場の空気が結果を決める』(ダイヤモンド社)もあります。

北野唯我さんの名言集

北野唯我さん
北野唯我さん

自分がやったことや言ったことを否定されることもあれば、他人の意見を明確に否定しなければならないこともある。そのやりとりを繰り返す中で、いい仕事は生まれます。

北野唯我さん
北野唯我さん

一番大事にしているのは「まず絶対に嫌いなものを省く」ということ。

北野唯我さん
北野唯我さん

価値観を変えたいなら、場所を変えることが必要です。

北野唯我さん
北野唯我さん

生活を軽くするためには、持ち物を減らすこと、場所を変えること、そして移動のルートやスピードを変えること。これが三大原則だと思います。

北野唯我さん
北野唯我さん

働き方を軽くするためには、言いたいことを言う。最初は、好き嫌いで、ジャッジする。これではないでしょうか。

北野唯我さん
北野唯我さん

苦手なことや嫌いなものはそう簡単に克服できません。だから私は、克服するよりも、「自分自身で環境を変える」ことに主眼を置いています。

北野唯我さん
北野唯我さん

仕事のストレス解消にお金を使うくらいなら、ストレスがない仕事に転職したほうがいいのではないでしょうか。

北野唯我さん
北野唯我さん

「生理的に受け付けない異性とずっと一緒にいれば、週に10万円渡します」という条件を提示されたら、多くの人は「そんな10万円はいらない」と判断するはず。 つまり、我慢の対価として得られる報酬は、価値が低いのです。

北野唯我さん
北野唯我さん

「周りに合わせる」とか「ストレスに慣れる」のではなく、能動的に環境を変えて、そもそもストレスがかからない状態にする。そのほうが、ROI(投資利益率)がはるかに高く、人生の満足度が上がることも多いのです。

北野唯我さん
北野唯我さん

「完璧な会社なんて、この世には存在しない」と割り切って、成長に必要な環境やチャンスを自分自身で掴むために動くべき。

北野唯我さん
北野唯我さん

環境の変化を苦手としていて、それを克服したいと思うならば、お金と時間の使い方を変えてみることをおすすめします。立場や年齢が変わったとき、一番顕著な変化が現れるのがこの2点だからです。

北野唯我さん
北野唯我さん

やりたいことを実現できる人、キャリアで成功できる人というのは、まず自分のことをよく知っていますよね。自分が一番心地よい状態、一番得意な戦い方を理解している。

北野唯我さん
北野唯我さん

多くの人が、「会社から言われたことをちゃんとやる」ことで給料がもらえると思っていますが、それは「上司を見て働く人の発想」です。そうではなくて、給料とは各人が「自分」という商品を会社に売り、会社がそれを買うから発生しているのです。

北野唯我さん
北野唯我さん

上司なんて最悪、無視。先に「市場」から評価されれば価値は高まる。

北野唯我さん
北野唯我さん

あなたの市場価値は「マーケット」を見るか「上司を見るか」で決まる。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

書籍紹介

名言だけでなく、思想や考え方などをより深く知りたい方は下記書籍をご参考ください。







コメント

タイトルとURLをコピーしました