転職活動や採用成功におすすめ・佐藤賢一氏(作家)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、佐藤賢一氏(作家)の名言を揃えました。

佐藤賢一氏のプロフィール

佐藤 賢一(さとう けんいち、1968年3月12日 – )さんは、山形県鶴岡市出身の日本の小説家。

山形県鶴岡南高等学校、山形大学教育学部を経て、東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻修士課程修了。

同博士課程単位取得満期退学。

大学院在学中の1993年『ジャガーになった男』で小説すばる新人賞受賞。

1999年『王妃の離婚』で直木賞受賞。

著書はほかに『カポネ』『女信長』『アメリカ第二次南北戦争』など多数。

佐藤賢一氏の転職成功におすすめ名言集

佐藤賢一氏
佐藤賢一氏

何事もやってみなくちゃ始まらない。

佐藤賢一氏
佐藤賢一氏

日本人は英雄がやってきて変えてくれるのを待っているだけ。でも、そうやって10年経って、どうだったか。結局、何も変わっていないわけです。

佐藤賢一氏
佐藤賢一氏

ダメでもともと。何事も動かなくちゃ始まらない。若い人たちは、結論を先に考え過ぎだと思います。将来が約束されないなら、やらない、とかね。そんな考え方だとチャンスなんていつまでも巡ってきませんよ。

佐藤賢一氏
佐藤賢一氏

誰だって、負けるのは嫌いです。でも、負けがないってことは、勝ちもないってことです。負けも勝ちもない人生を歩んでいても、誰も評価はしてくれません。

佐藤賢一氏
佐藤賢一氏

100回負けてもいいんですよ。1回でも勝ったら取り戻せますから。僕だって、負け通しでしたよ。教員になろうと思っていたのになれなかったし、研究者になろうと思ってもやっぱりなれなかった。

佐藤賢一氏
佐藤賢一氏

その負けていた時期が、今、肥やしになっているんです。そう考えると、負けって、悪いものではないんですよ。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました