転職活動や採用成功におすすめ・経営者・佐々木常夫さんの名言集

転職

「仕事を辞めたい」「転職したい」「会社に行きたくない」など、

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者の方をこの記事の読者としておすすめします。

あなたの転職活動の背中を押すために、経営者・佐々木常夫さんの名言をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

佐々木常夫さん

1969年東大経済学部卒業、同年東レ入社。

自閉症の長男を含め3人の子どもを持ちます。

しばしば問題を起こす長男の世話、加えて肝臓病とうつ病を患った妻を抱え多難な家庭生活。

一方、会社では大阪・東京と6度の転勤、破綻会社の再建やさまざまな事業改革など多忙を極め、そうした仕事にも全力で取り組みます。

2001年、東レ同期トップで取締役となり、2003年より東レ経営研究所社長となります。

2010年(株)佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表。

何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から独特の経営観をもち、現在経営者育成のプログラムの講師などを勤めます。

社外業務としては内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職を歴任。

転職におすすめの名言

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

乗り越えられない苦難なんて、実はないんですよ。死ぬほどのことはほとんどない、ということです。実際、私のような境遇でも乗り越えられたわけですから。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

人間というのは、極めて弱いけど、極めて強いんです。しかも、理解してくれる人がまわりにいて、話を聞いてもらえるだけでも嬉しいものなんです。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

仕事の効率化に必要な両輪は、コミュニケーションと信頼関係なんです。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

私の人生観には「運命を引き受ける」というものがあります。運命というのは出会いです。就職も出会いなんです。実際のところ、私は会社なんてどこに行っても似たようなものだと思っています。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

特に若いころは、この仕事でなければならない、なんて決められるほど知識も経験もないわけでしょう。どんな仕事に就いたっていい。任された仕事の中から自分で学び取っていくものなんです。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

特に20代は、ごたごた考えずに、黙って働いてみるといい。そうすると、見えてくるものがきっとあるはずです。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

ポイントは、「どこを向いて仕事をしているか」なんです。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

会社をよくすることはもちろん大事ですが、何より大事なのは、社員が幸せになることなんだ。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

嫌なヤツだと嫌っていたところで、何もいいことはありません。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

人を愛して損をすることはないんです。自分を愛する人間は、人を愛するんです。自分を愛する人というのは、人の気持ちがわかる人なんです。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

若いうちに、挫折やドロドロをたくさん味わっておくこと。そういうものを乗り越えていないと、山に登ったときにいい見晴らしのところには出られないんですよ。

佐々木常夫さん
佐々木常夫さん

私は母から、世のため人のために働きなさい、と教えられました。世のため、人のために働こうとすると、めぐりめぐって自分のためになる、ということです。自分に返ってくるんです。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました