転職成功におすすめ・ラリー・ペイジ氏(Google創業者)の名言

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」けど、行動できない。

そのような不安や悩みを抱えるサラリーマンをこの記事の読者としています。

あなたの転職活動の背中を押すために、 Google創業者 ・ラリーペイジさんの名言を揃えました。

私も会社を辞めて新たなチャレンジをする時に、この名言で勇気をもらいました。

スポンサーリンク

ラリー・ペイジさんのプロフィール

ローレンス・エドワード・“ラリー”・ペイジ(英語: Lawrence Edward “Larry” Page, 1973年3月26日 – )さんは、Googleの共同創業者、元最高経営責任者(CEO)。アルファベット社元CEO。

悟り人
悟り人

ラリー・ページさんは、グーグルの生みの親です。

ソフトな声で話す、一風変わったコンピューターサイエンティストという印象。

1998年にセルゲイ・ブリン(Sergey Brin)氏とともにグーグルを創業し、その親会社アルファベットを経営してきました。

ラリー・ペイジさんの名言集

ラリー・ペイジさん
ラリー・ペイジさん

「失敗したら、どうしよう?」と考える前に自分に自信を持つことから始めてみよう。失敗は失敗で得られるものがあるから、悪いことではない。むしろ頻繁に失敗した方が得られるものが多いのだ。

ラリー・ペイジさん
ラリー・ペイジさん

ミスを犯してくれて大変嬉しい。「あまりに慎重でほとんど何もしない」のではなく「迅速に動き、たくさんのことをする」会社を私は経営したい。もしこうしたミスをまったく犯さないとすれば、私たちは十分なリスクを取っていないことになる。

ラリー・ペイジさん
ラリー・ペイジさん

少しクレイジーなくらいに、好奇心を追い求め、野心を持ち、夢をあきらめるな。

ラリー・ペイジさん
ラリー・ペイジさん

本当にすごい夢が姿を現したときは、つかまえなくちゃいけない!

ラリー・ペイジさん
ラリー・ペイジさん

世界を変える方法を一言で言うと?「うずうずするくらいエキサイティングなことに、常に必死に取り組むこと」です。

ラリー・ペイジさん
ラリー・ペイジさん

失敗しても構わないが、失敗するなら早くしろ。

ラリー・ペイジさん
ラリー・ペイジさん

多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。

ラリー・ペイジさん
ラリー・ペイジさん

自信を持て。頻繁に失敗しろ。不可能に対して健全な疑念を持て。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの転職活動に力を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました