PR

転職におすすめ・Jリーグ初代チェアマン・川淵三郎さんの名言集

「仕事を辞めたい」「転職したい」「自分は正当に評価されていない」など、

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者の方をこの記事の読者としておすすめします。

あなたの転職活動の背中を押すために、Jリーグ初代チェアマン・川淵三郎さんの名言をご紹介します。

プロフィール

川淵 三郎(かわぶち さぶろう、1936年12月3日 – )さんは、日本の元サッカー選手、元日本代表監督、Jリーグ初代チェアマンを経て、第10代日本サッカー協会(JFA)会長を務めました。

早稲田大学第二商学部商学科卒業。

日本サッカー殿堂入り。

2009年、秋の叙勲で旭日重光章を受章。

公式な愛称は「キャプテン」、渾名は「サブ」。

名言集

川淵三郎さん
川淵三郎さん

自分に向いている仕事がわからないという若い人が多いと聞きます。私は流れに身を任せてみてもいいんじゃないかと思います。

川淵三郎さん
川淵三郎さん

私も高校時代にサッカーの日本代表監督になるなんて思ってもみなかった。大きな目的意識もなかった。いつも先のことなんて何も考えてなかったんですよ。ただその時にやりたいことだけを夢中でやってきただけ。

川淵三郎さん
川淵三郎さん

そして浪人という無駄とも思える2年間があったから、今の私がある。人生って本当にわからないんですよ。だから焦らず、なりゆきに任せてもいいと思う。

川淵三郎さん
川淵三郎さん

もちろん常に何かを達成しようと思って努力することは大事ですよ。でも、達成できなくとも、その努力は必ず生きる。達成することより「達成しようとする過程」が大切なんです。

川淵三郎さん
川淵三郎さん

つまらないつまらないと思っていても実りは何もない。つまらなくてもベストを尽くそうと努力する過程が、後に絶対生きてくるんです。流れに身を任せながら、やらなきゃならないことにベストを尽くす。これが大事なんです。

川淵三郎さん
川淵三郎さん

どんなにつらいことがあっても、うまくいかなくても、くよくよしない。

川淵三郎さん
川淵三郎さん

マイナスに考えていても何一ついいことはない。

川淵三郎さん
川淵三郎さん

常に状況をポジティブに捉えられるかどうかが決め手です。

川淵三郎さん
川淵三郎さん

こんなひどい目にあわされて、と他人が思っても、本人がポジティブに考えられれば、必ず物事は好転します。「どんなに雨がひどくても、晴れは必ず来る」と思っていればいい。そうやって物事を常にプラスに考えていると、いい友達ができます。いざというとき、自分を助けてくれる仲間ができる。きっといい人生が送れますよ。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品

プロフィール
この記事を書いた人
悟り人

大学卒業後は、人材会社に就職。その後はサラリーマンを辞めて、ブロガーやマーケティングや投資家や人助けなどをして、頑張る人達を応援しています。

この記事の作成者「悟り人」をフォローする
スポンサー
給与交渉ナビ

給与交渉ナビは「転職で年収を増やしたい人」「給与交渉に自信がない人」に対して、転職エージェント(代理人)を介した給与交渉の進め方を提案し、年収UPを目指すサイトです。

転職
この記事をSNSでシェアする
この記事の作成者「悟り人」をフォローする
悟り人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました