就活や転職成功におすすめ・武田双雲氏(書道家)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」けど、行動できない。

そのような不安や悩みを抱えるサラリーマンをこの記事の読者としています。

あなたの転職活動の背中を押すために、書道家・武田双雲さんの名言を揃えました。

私も会社を辞めて新たなチャレンジをする時に、この名言で勇気をもらいました。

スポンサーリンク

武田双雲さんのプロフィール

武田 双雲(たけだ そううん)さんは、日本の書道家。

熊本県熊本市出身。身長185cm。

本名:武田 大智(たけだ だいち)。

元々書道の世界に行くことは全く考えていなかったためNTT東日本の営業部に就職。

部内では字が上手いと評判でしたが、ある女性社員の名前を代筆したところ、その筆跡を見た女性から「今までは自分の名前が嫌いだったけど、初めて自分の名前が好きになれた」と涙を流して感動され、それを機に翌日辞表を出して会社を退職。

母・武田双葉さんの書道教室で1年間書を学び、その後ストリート書家としてスタート。

路傍で道行く人の希望で即興で書くスタイルを披露、その後、墨を使った大字パフォーマンスでテレビなどに取り上げられ、NHKの大河ドラマのタイトル字などデザイン書の分野で注目されます。

武田双雲さんの名言集

武田双雲さん
武田双雲さん

心の底から楽しめるような仕事を手に入れたいなら、やっぱり、まず先に楽しむことです。いつもわくわくした気持ちでいること。すると、ベストな仕事やベストな出会いが向こうからやってくる。

武田双雲さん
武田双雲さん

人は、思い描いた通りの人生しか生きられません。

武田双雲さん
武田双雲さん

何もない平和な日が、かけがえのない一日だと常に思える人でありたい。

武田双雲さん
武田双雲さん

自分のとらえ方次第で、感情はいくらでも変えることができる。

武田双雲さん
武田双雲さん

楽しくないことを見つけたら、具体的に1つずつ楽しくなるように変えていくのが、僕のやり方なんです。

武田双雲さん
武田双雲さん

何か楽しいことをするから楽しくなるんだと思ってしまう人が多いけどでも、それは大きな勘違いなんです。楽しさは自分の中にある。だから、最初から楽しい気持ちで仕事をする。

武田双雲さん
武田双雲さん

「どうしよう」と慌てるのではなく、「さて、どうしようか」とニヤリとするくらいがいい。

武田双雲さん
武田双雲さん

僕は朝起きたときから、義務感をひとつひとつ打ち消す作業を続けています。「~しなければ」を「~したい」に切り替えるんです。たとえば、「顔を洗わなきゃ」なら、「どれだけ少ない水で洗えるか」とゲーム化する。

武田双雲さん
武田双雲さん

どうすれば相手が喜ぶかということを突き詰めていくと、必然的に「自分の一番得意なことを提供しよう」というところに行き着くんです。

武田双雲さん
武田双雲さん

もちろん自分のすごさを誇示して成功している人もいます。でも、そういう人の周りに集まってくる人って、依存したい人ばかりです。だから、本人は頼られて相当しんどいはずです。

武田双雲さん
武田双雲さん

多くの人は欲が中途半端なのだと思います。「自分のため」というエゴを突き詰めていくと、「人のため」になるんです。

武田双雲さん
武田双雲さん

日本人はほとんどが、江戸時代の殿様よりも贅沢だ。なぜ身の回りにあるありがたさを忘れる。

武田双雲さん
武田双雲さん

他人と比較しない人は強い。他人と比較しても明るくいられる人は、もっと強い。

武田双雲さん
武田双雲さん

出発点はエゴでもまったく構いません。それがパワーになりますから。でも、エゴを昇華することも大切です。

武田双雲さん
武田双雲さん

「みんなに好かれなくていい。多少は嫌われたっていい」それくらいがちょうどいいのです。そうすると自分の軸が見えてきます。

武田双雲さん
武田双雲さん

「みんなに好かれたい」「誰にも嫌われたくない」というのは危険です。そこまで思ってしまうと自分の個性を打ち消すからです。

武田双雲さん
武田双雲さん

相手をコントロールしようとすればするほど関係は悪化します。

武田双雲さん
武田双雲さん

自分と違う価値観の人と接するのが一番自分を成長させる。

武田双雲さん
武田双雲さん

才能がないからと言って何もしない人は才能があっても何もできない。

武田双雲さん
武田双雲さん

幸せになる三つの簡単な基本一、幸せを与えること一、幸せであることに「気づくこと」一、幸せな言葉を発し幸せな態度をとること。

武田双雲さん
武田双雲さん

初めは無理やりにでも、ありがたいとか、うわ、すげえな、と思うことを発見していかないと、なかなか身につかない。

武田双雲さん
武田双雲さん

日々の小さな選択を「ちょっとだけ」良くするだけで、数年後にはとんでもない変化が待っている。

武田双雲さん
武田双雲さん

独立すれば、最初の数年はやはり大変なものです。ここまで来られたのは、根拠のない「勘違いの自信」があったからです。

武田双雲さん
武田双雲さん

悩んでるぐらいなら、動こうと思って、種を蒔きまくった。

武田双雲さん
武田双雲さん

どうせ稼ぐなら、喜んでもらいたい。「この人を喜ばせたい」と、心底思ったことがある人は、軸がブレませんから。

武田双雲さん
武田双雲さん

「上司はなんであんなこと言うのかな」と思ったときに「自分が上司ならどうしよう」と自分事に考えることで、違う視点で物事を捉えられるようになる。

武田双雲さん
武田双雲さん

自信があるからやるんじゃない。やるから自信がつくんだ。

武田双雲さん
武田双雲さん

考えすぎてわけがわからなくなったら、とりあえず、目の前の人を喜ばせることに専念するようにする。

武田双雲さん
武田双雲さん

おもしろくも何ともないと思われる何気ない日常を、瞬間瞬間どれだけおもしろいと感じられるか。

武田双雲さん
武田双雲さん

一人一人の筆跡が違うように、人はみんな違って当たり前。

武田双雲さん
武田双雲さん

性格のポジティブとネガティブは裏表。ストレスを感じることからは逃げてもいい。自分の個性が生きる場所に移動すれば、誰でもポジティブに生きられる。

武田双雲さん
武田双雲さん

気持ちが先だと気づいたら、幸せも楽しさも、誰だって今すぐ、手に入れられるんです。

武田双雲さん
武田双雲さん

幸せになりたかったら、幸せだなと思いながら生きていればいい。性格も実力も経験も関係なし。しかもタダ。幸せになるって、実は簡単なことなんですよ。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの転職活動に力を与えることを願っています。

書籍紹介

名言だけでなく、武田双雲さんの思想や考え方などを知りたい方は下記書籍をご参考ください。






コメント

タイトルとURLをコピーしました