転職成功におすすめ!上妻宏光氏(三味線奏者)の名言集

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことにチャレンジしたい」

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、上妻宏光氏(三味線奏者)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

上妻宏光氏のプロフィール

上妻 宏光(あがつま ひろみつ、1973年7月27日 – )さんは、日本の津軽三味線奏者(本人は『三味線プレイヤー』と称しています)。茨城県日立市出身。

古典曲の独奏に限らず、民謡伴奏や洋楽とのセッションおよび作曲においても高い評価を得ており、木乃下真市さんと双璧をなす若手第一人者とされています。

上妻宏光氏の名言集

上妻宏光氏
上妻宏光氏

石をどけて道を作りたい。

上妻宏光氏
上妻宏光氏

日本では相変わらず「若いのに三味線なんかやって」と言われ、業界からは「ロックなんかやって」と言われ、反抗心の塊になっていた。

上妻宏光氏
上妻宏光氏

新しいことに挑戦することは、伝統的な音楽の世界から逃げているわけではないという意地、独学でやってきた意地、また三味線にこだわってきた気持ちなど、いろんな意地をかけてきた。

上妻宏光氏
上妻宏光氏

アメリカは日本より優れていると思っていたけれど違いました。音楽なら黒人は皆リズム感がいいと思っていたら、そうでもない人もいるし(笑)。

上妻宏光氏
上妻宏光氏

海外に出ると自国を客観的に見られるのがいい。

上妻宏光氏
上妻宏光氏

新しいことをやるのは大変では?とよく聞かれますが、僕は石をどかして道を作っていく作業が好きなんです。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました