職務経験の少ない第二新卒の転職は有利?それとも厳しい?

転職

皆さんは「第二新卒」という言葉をご存じでしょうか?明確な定義はありませんが「新卒で入社して社会人経験が3年未満の求職者」という意味あいで定着がすすんでいます。

このような「職務経験の少ない」第二新卒者は、はたして転職に有利なのでしょうか?

今回は第二新卒者向けに、転職成功のポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

結論

第二新卒者
第二新卒者

第二新卒は転職に有利ですか?それとも厳しいですか?

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

将来性が未知数の第二新卒にとって、若さとやる気は大きな武器になります。

解説

職務経験が少なくても、求人市場における第二新卒のニーズは増加しています。つまり採用企業側は、第二新卒を強く求めています。

その理由は、新卒者よりも基本となるビジネスマナーを既に身につけていて、キャリアの長い中途採用者よりも前職の色に染まらず柔軟性があるからです。

ただし、第二新卒だからといって必ずしも転職活動で有利になるわけではありません。

採用企業が「第二新卒として企業が求めているものをきちんと身につけているかどうか」が大切です。

企業が第二新卒に求めるポイント

企業が第二新卒に求めるポイントは、以下の通りです。

■仕事に対するやる気・情熱

学生時の就職活動とは違い、社会人としての経験を経た転職活動には、より深く自分と向き合い、仕事に対する意欲やチャレンジ精神が必要です。

具体的な目標や将来への明確なビジョンを持ち、新たな職場環境で十分に実力を発揮させようというやる気や情熱が求められます。

■社会人としてのスキル

電話応対やコミュニケーション能力など基本的なビジネスマナーはどんな職種についても必要とされます。

このような新卒者にかかる新人教育のコストを省けるのが第二新卒の利点。よって、これらのスキルをきちんと身につけていることは必須になります。

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

社会経験はあっても将来性が未知数の第二新卒にとって、若さとやる気は大きな武器になります。

企業にとっても現時点の経験やスキルよりも、志望理由にみられるやる気や情熱の有無が入社してからのポテンシャルを測るポイントと考えています。

20代・第二新卒・既卒におススメの転職サービス

20代若手社会人のための“無料転職支援(人材紹介)サービス”をご案内します。

専任のキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングを行い、あなたの経験や希望に最適な企業を紹介します。もちろんサービスは全て無料です。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました