社会人経験3年未満の第二新卒は、転職するには早すぎるのか?

転職

皆さんは「第二新卒」という言葉をご存じでしょうか?明確な定義はありませんが「新卒で入社して社会人経験が3年未満の求職者」という意味あいで定着がすすんでいます。

このような「職務経験の少ない」第二新卒者は、転職するには早すぎるのでしょうか?

今回は第二新卒者向けに、転職成功のポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

結論

第二新卒者
第二新卒者

社会人経験3年未満の第二新卒ですが、転職するにはまだ早すぎますか?

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

企業側にも第二新卒の採用ニーズはあります。第二新卒の今だからこそ”転職のチャンス”と考えましょう。

1.企業にとって第二新卒を採用するメリットはある

社会人経験3年未満の第二新卒だと、キャリアを積んでいる先輩社会人と比べて経験・スキルでは劣ってしまうでしょう。

自分よりキャリアを積んでいる先輩社会人と転職市場で競い合っても勝ち目がないと思い、”転職はもっと経験を積んでから”と考えるのも確かに理解できます。

しかし第二新卒には、社会人経験が短いからこそまだ特定の業界・職種に染まっていないという強みがあります。

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

社会人経験を重ねると、特定業界・職種の経験・スキルは磨かれますが、その分即戦力としての期待がかかり、未経験業界・職種への転職は難しくなります。

 

しかし、第二新卒であれば、特定業界・職種に染まっておらず、若さゆえの成長性に企業は期待できるのです。

そのため、未経験業界・職種でも歓迎されることが少なくありません。

むしろ、転職先でも新たなスキルを身につける必要が生じることを考えると、出きる限り早めにその環境に身を置いた方がいいでしょう。

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

また、新卒と比較してビジネスマナーが身に付いており、社会人の基礎能力が備わっていることも、第二新卒の強みとなります。

 

先輩社会人と比べて経験・スキルは劣るものの、新卒と比べると基礎的な教育を行う必要がないため、教育コストを抑えられるのが企業にとってはメリットとなるのです。

2.第二新卒の今だからこそ転職のチャンス

このように、転職市場において第二新卒の採用ニーズはしっかりとあります。

そのため、”第二新卒だから”という理由で転職を見送る必要はありません。

もちろん、社会人経験が極端に短いと、選考の際に転職理由についてシビアに問われる可能性もあります。

しかし、働きながら転職をしているのであれば、転職活動の末に結論として現職に留まるという選択を行うこともできます。

そのことにより、転職活動が難航した場合のリスクを最小限に抑えることが可能となります。

第二新卒は在職中に転職活動を行うことができるので、大きなリスクもなく転職活動を進められるというメリットがあります。

 

また、未経験の業界・職種への転職は、まだ特定の業界・職種に染まっていない第二新卒だからこそチャレンジがしやすくもあります。

第二新卒だから転職にはまだ早い“と考えるのではなく、”第二新卒の今だからこそ転職のチャンス“と考えてみましょう。

若さを武器に転職できる時期は限られています。新しい環境への挑戦を行いたい場合は、若さの武器がある第二新卒のうちに転職活動を行うことも検討してみましょう。

20代・第二新卒・既卒におススメの転職サービス

20代若手社会人のための“無料転職支援(人材紹介)サービス”をご案内します。

専任のキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングを行い、あなたの経験や希望に最適な企業を紹介します。もちろんサービスは全て無料です。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました