求人広告と人材紹介、どちらから応募する方が有利?

転職

転職サイト(求人広告)と人材紹介(転職エージェント)を併用して利用している人向けの内容です。

あなた(求職者)は、転職サイトと人材紹介を利用して仕事を探していると、全く同じ条件の求人を見つけました。 企業は、転職サイトと人材紹介の両方に同一の求人を出しています。

その求人に応募したいと思ったあなた(求職者)は、はたしてどちらのサービスから応募するのが有利でしょうか?

スポンサーリンク

結論

転職サイトから応募する方が有利

※様々なケースがあるので、場合によっては人材紹介からの応募の方が有利なケースもありますが、ここでは一般的なケースを想定して解説します。

両サービスの仕組み

人事担当者(採用担当者)の立場から考えてみることがポイントです。まずは人事担当者から見たそれぞれのサービスの仕組みを簡単に説明します。

①転職サイトの仕組み

  • 採用できるかどうかに限らず求人広告掲載料金を支払う
  • 費用は20~100万円程度

②人材紹介(転職エージェント)の仕組み

  • 採用成功したら採用した方の年収の約30%を支払う。採用成功するまで費用ゼロ。
  • 費用は150万円程度(年収500万円の人材を採用した場合の30%)

採用担当者の心理状況

サービスの仕組みを理解したうえで、採用担当者の立場になって考えると、下記のような心理が働きます。

①転職サイト
確実に費用が発生してしまうので、なんとしても採用を成功させようとする気持ちが強く働く。「お金払ってるのに採用できませんでした」とは会社に報告できない。

②人材紹介
事前に費用は発生しないが、採用すると一人あたりの採用コストが大きいため、ついつい応募者を厳しい目で見がち⇒厳選採用になる。

⇒ゆえに、応募者の立場からすると、求人広告から応募した方が、選考には有利。

※状況によるため、あくまでも人事担当者の心理状況という観点からご参考下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました