新卒と違う!?第二新卒の自己PRで大切な3つのポイントとは?

転職

皆さんは「第二新卒」という言葉をご存じでしょうか?明確な定義はありませんが「新卒で入社して社会人経験が3年未満の求職者」という意味あいで定着がすすんでいます。

このような「職務経験の少ない」第二新卒者は、自己PRで何を求められるのでしょうか?

今回は第二新卒者向けに、転職成功のポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

結論

第二新卒者
第二新卒者

第二新卒の自己PRで重要なものは何ですか?

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

仕事に対するやる気や将来性へのポテンシャルを相手に伝えることです。

解説

第二新卒として転職活動を行う際も新卒の就職活動と同様に、自己PRが重要になります。

ただし、新卒の就職活動と同じような方法で自己PRを行うわけにはいきません

なぜなら、新卒とは違って社会人経験があるからです。

数年とはいえ、給料をもらって職務経験を積んでいるのですから、その間どのようなスキル・経験を身に付けて、次の職場においてそれらをどのように活かすことができるのかを説明できなければいけません。

企業からしても、第二新卒を採用するメリットは、新卒と違って職務経験を積んでいる点なので、新卒との違いを明確に示すためにはこの点のアピールが重要です。

第二新卒の自己PRで大切な3つのポイント

効果的な自己PRを行うためには、以下の点を特に意識しておくべきでしょう。

1.自己分析ができているかどうか

自己PRするためには当然自分のことがわかっていないと自分の強みを主張できません。

実務経験の浅い第二新卒は、職務に対する能力をあれこれ発言しても説得力に欠け、マイナス印象を与えかねません。

社会に出てから数年間の内、自分なりに得た経験・スキル・成果などについて見つめて、次の仕事でそれらをどのように活かすことができるのかを考えてみましょう。

もちろん目に見えた成果をありのままに伝えること自体は問題ございません。

2.コミュニケーション能力があるかどうか

企業においては会社内外様々な方と関わる機会が多くなります。

そのため、社会人としてのコミュニケーション能力があるかどうかについては注目されます。

自己PRとは、自分のことをアピールすることです。

話す内容も重要ですが、伝え方も重要となります。

相手に好印象を与えられるような伝え方は意識しておきましょう。

3.目に見えないものを伝える能力

企業は第二新卒を採用する際に、仕事に対するやる気や将来性へのポテンシャルに着目します。

ですが、これらの要素は目に見えません。

具体的に言語化することも難しく、アピールの仕方には苦戦するでしょう。

しかし、それらが第二新卒の一番の武器でもあります。

企業にとってやる気の高さは育てやすさや伸びやすさと考えられ、成長意欲の旺盛な人材からは将来性の高さや仕事へのポテンシャルを見出します。

目に見えないものを伝えるには、気持ちの伴った言葉で相手に自分自身のことを伝えることが大切になります。

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

また、応募している企業全てに同じ言葉を伝えるのではなく、その企業ならではのメッセージを伝えることも大切です。

20代・第二新卒・既卒におススメの転職サービス

20代若手社会人のための“無料転職支援(人材紹介)サービス”をご案内します。

専任のキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングを行い、あなたの経験や希望に最適な企業を紹介します。もちろんサービスは全て無料です。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました