ミドルシニア必見!転職成功を応援する橋田壽賀子氏(脚本家)の名言

転職

「会社に不満がある」「転職したい」「新しいことに挑戦したい」など

現状に不満を抱えて、求人を探している求職者をこの記事の読者としておすすめしています。

あなたの転職活動の背中を押すために、橋田壽賀子氏(脚本家)の名言を揃えました。

スポンサーリンク

橋田壽賀子氏さんのプロフィール

橋田 壽賀子(はしだ すがこ、1925年(大正14年)5月10日 – )さんは、日本の脚本家、劇作家、タレントです。

京城府(現:大韓民国・ソウル)生まれ、大阪府堺市西区育ち。

本名、岩崎 壽賀子(いわさき すがこ)。旧姓、橋田。

1949年(昭和24年)、松竹に入社し、脚本部に配属されます。

1964年(昭和39年)『袋を渡せば』でテレビドラマの脚本家デビュー。

同年、東芝日曜劇場のために執筆した『愛と死をみつめて』の脚本が話題となって以後、テレビドラマの脚本家として話題作・ヒット作の数々を世に送り出しました。

代表作は『おしん』『おんな太閤記』『橋田壽賀子ドラマ おんなは一生懸命』『春日局』『渡る世間は鬼ばかり』など。

転職活動におすすめ名言集

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

振り返ってみると、私の脚本家人生は苦労だらけ。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

もうダメかなと思うときも何度もありました。だけど何とか食らいついていった。もちろん、書くのが好きだったからですが、それしか自分にはなかったからということもあります。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

向き不向きなんて考えたこともない。ただひたすらに突き進んでいったんです。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

才能なんて、みんな持っていないんです。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

自分に何もないのに、向いているものなんて探しても、見つかるわけがないでしょう。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

何をしていいのか分からない人は、とにかくどこかに転職して、そこに自分を合わせる努力をしないと。そこで何か物にしようと頑張ればいいの。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

つまらないと思う仕事だって、一生懸命やればいつかは認められるもの。そしたら次はもっと面白い仕事に就かせてもらえるんですから。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

現状に不満がある人は、努力が足りないんですよ。もっともっと努力をしないと。努力しないで文句言ってる人が多過ぎます。もし努力しているのに報われないと思うのなら、自分をアピールする努力をしなくちゃ。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

いい仕事は向こうからやってきません。自分から取りに行かないとね。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

向いている、向いていないなんて関係ありませんよ。来た仕事は、全部自分のものにすればいいの。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

嫌な人がいたら、その人を食べちゃうくらいの気力がないとダメ。それができるようになったら、どんどんいい方向に向かっていきますよ。

橋田壽賀子氏
橋田壽賀子氏

不遇な時期をどう過ごしていたかで人生は決まるんです。

いかがでしたでしょうか?

本来、転職活動は「未来への希望」なので、ワクワクするもののはずです。

これら名言があなたの中途採用に力を与えることを願っています。

作品紹介

名言だけでなく、作品をより深く知りたい方は下記をご参考ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました