カナダの美人女優、サラ・ガドン氏のかわいいインスタ美女画像

世界の美女

皆さんは、カナダの美人女優、サラ・ガドン(Sarah Gadon)さんをご存じでしょうか?

米国のTC Candlerが発表している「世界で最も美しい顔100人」にも選ばれるなど、注目を集めています。

そこで、この美女の可愛いインスタ画像をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

Sarah Gadonさん

サラ・ガドン(Sarah Gadon、1987年4月4日 – )さんは、カナダの女優。

カナダのオンタリオ州トロントで生まれます。

父親は心理学者、母親は学校の教師。

兄のジェームズさんがいます。

主にトロントで育ちます。

カナダ国立バレエ学校や、クロード・ワトソン・スクール・フォ・ザ・パフォーマンス・アーツなどに通い、そしてまた、トロント大学イニス・カレッジシネマ研究プログラムで学びました。

役者活動

1998年、10歳のころから役者として活動を始め、カナダのテレビドラマ『ニキータ』でデビュー。

最初の長編映画出演は、ゾーイ役を演じた2003年の映画『Fast Food High』。

テレビドラマ『ビーイング・エリカ』に計14話出演したのをはじめ、『アナザー・ライフ 天国からの3日間』、『ライフwithデレク』、『フラッシュポイント -特殊機動隊SRU-』、『マードック・ミステリー 〜刑事マードックの捜査ファイル〜』といったカナダのテレビドラマを中心にそれぞれ出演を果たします。

また、2009年にアメリカ合衆国ディズニーXD『アーロン・ストーン』に出演しました。

アニメーションシリーズ『ルビー・グルーム』に計40話、『Friends and Heroes』にて計35話、 また、『Total Drama』では計23話、それぞれ声の出演を果たします。

カナダの映画監督デヴィッド・クローネンバーグ作の2011年公開映画『危険なメソッド』にエマ・ユングとして、2012年には『コズモポリス』でエリーズ・シフリン役、2014年の『マップ・トゥ・ザ・スターズ』にクラリス・タガート役で、同監督作品に3作連続で起用されました。

2011年に公開されたメアリー・ハロン監督のホラー映画『モスダイアリー』でルーシー・ブレイク役で出演、2012年、デヴィッド・クローネンバーグの息子ブランドン・クローネンバーグが監督を務めたホラー映画『アンチヴァイラル』ではハンナ役で主演しました。

かわいいインスタ画像集

この投稿をInstagramで見る

Thank you @latimes link in bio…One more day! #alaisgracenetflix

Sarah Gadon(@sarahgadon)がシェアした投稿 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました