歌手・俳優、三浦春馬(みうらはるま)さんのツイッター画像

話題

皆さんは、タレント、三浦春馬(みうらはるま)さんをご存じでしょうか?

歌手・俳優として活躍していた男性です。

そこで、この男性のプロフィールとTwitter画像をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

三浦春馬さん

名前には「(1990年)午年の春に生まれ」、「天空を元気に駆け上がっていく駿馬のように」という意味や願いが込められています。

名づけ親は父方の親族の女性で、三浦姓は父親側の姓です。

「親が応募した(子役の)オーディションを受けたら受かっちゃった」というのが芸能活動の始まりです。

子供の頃から背が高く、子役時代から実年齢より上に見られることが多かったそうです。

世界で活躍する写真家レスリー・キー氏は、三浦さんが18歳の時からずっと撮影を続けていました。

各メディアでは

  • 「正統派美男子、屈託のない笑顔が印象的」
  • 「高身長・長い手足で圧倒的な華があり、高い身体能力でスピーディなアクションもできるスター性抜群の俳優、陰のある繊細な演技を魅せる映像と舞台の両輪の魅力」
  • 「等身大の青年像から奇異なキャラクターまで変幻自在に演じる才能、歌も踊りもできて、独自の道を歩んできた」
  • 「子役から順調に出演し続けステップアップしてきた、今までにないタイプ」
  • 「他の若手俳優とは明‍らかに違った輝きがある」
  • 「プロ意識の塊」

などと評されます。

『天外者』が撮影された”時代劇の本場”である松竹撮影所では、その道の熟練スタッフ達から「ああ、すごい。体も切れて、役者としての責任感もあって、懐ろも大きい、殺陣もできる、そういう時代劇の役者が久々に現れたな」「春馬くん、これから時代劇の主演が増えるんじゃないか」などと評されていました。

また、「博学」「知的」と言われ、メディア編集者から「インタビュー時の取れ高が素晴らしい」という指摘もあるように、深い洞察や思考、哲学が各インタビューや著書『日本製』などから伺えます。

儒教も勉強していたそうです。

長らく三浦さんに着目してきたという経済学者の田中秀臣さんは、三浦さんの語る内容は「哲学者レベル」「複雑な思考の上に構築された三浦春馬ワールドがある」といいます。

ツイッター画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました