美人女子卓球・長崎美柚さんのかわいい画像集

話題

女子卓球選手の長崎美柚(ながさきみゆう)さんをご存じでしょうか?

卓球の実力はもちろんのこと、そのルックスにも注目が集まっていて、可愛いという声が多数あがっています。

そこで、長崎さんのプロフィールやかわいい画像を集めました。

スポンサーリンク

プロフィール

長﨑 美柚(ながさき みゆう、2002年6月15日 – )さんは、日本の女子卓球選手。

JOCエリートアカデミー所属。

人物

神奈川県海老名市出身。

海老名市立大谷小学校、北区立稲付中学校を経て、大原学園高等学校在学中。

祖父が神奈川大学卓球部監督だったことで、美柚は5歳の時に神奈川県藤沢市の卓球クラブ『岸田クラブ』に入会。

当初は母がやっていたバレーボールをやりたがったが、サーブでお菓子などを当てるゲームをやるうちに卓球にのめり込むようになります。

2010年、全日本卓球選手権大会ホープス・カブ・バンビ大会の女子バンビの部で優勝を果たすと、2012年には女子カブの部、2014年には女子ホープスの部も制覇。

この女子ホープス・カブ・バンビの三冠を制覇したのは福原愛に次いで2人目でもあります。

また2014年には第24回東アジアホープス卓球選手権日本代表にも選出され、大阪府で開催された本大会の女子シングルスでは決勝戦に進出し、安韶姸(大韓民国)を3-1で下して大会制覇を果たしています。

また小学校6年次の最後の時にITTFジュニアサーキット・イタリアジュニア&カデットオープン(イタリア・リニャーノ)に出場し、女子シングルスで木原美悠を下して優勝し、女子ダブルスでは木原とのコンビで準優勝という結果を残しています。

2015年4月にさらなるレベルアップを図るべくJOCエリートアカデミーに入所し、北区立稲付中学校に入学しました。

2016年、中学校2年次で出場した全国中学校卓球大会では女子シングルスで優勝を果たします。

2017年、中学校3年次でリーヴァ・デル・ガルダ(イタリア)で開催された2017年世界ジュニア卓球選手権大会では、加藤美優さんと組んだ女子ダブルスで3位(銅メダル)を獲得し、加藤美優さん、木原美悠さんとチームを組んだ団体戦では決勝進出を果たし、中華人民共和国との決戦では美柚さんが石洵瑶さん(2016年世界ジュニア女王)を下すなどして大健闘したが、加藤さんと木原さんが敗れたために準優勝に終わりました。

2018年1月の全日本卓球選手権大会では、ジュニア女子シングルスで優勝を果たします(高校1年で)。

これにより、全日本選手権の女子ホープス・カブ・バンビ・ジュニアの4種目を制覇。

2018年、日本卓球協会により、美柚さんの世界ジュニア選手権の活躍や中学校時代の実績などが『国際試合への高い潜在性(能力)がある選手』との評価を受け、第54回世界卓球選手権団体戦(スウェーデン・ハルムスタッド)に出場する日本代表に世界ランキング130位ながら選出される大抜擢を受けました。

その世界選手権では試合こそ出番はなかったがベンチで積極的に声援を送るなど準優勝に貢献しました。

2019年のアジアジュニア卓球選手権ではシングルスとダブルスで2冠を達成、シングルスでは大会史上初の日本選手の優勝で中国の21連覇を止める快挙でした。

プレースタイル

身長160cmを超える恵まれた体格と、長いリーチを活かした両ハンド攻撃。

また宮崎義仁強化本部長は2018年3月の世界選手権の代表発表会見で「現時点で、日本選手では間違いなく1番ボールの威力がある。(攻撃的なバックハンド技術の)チキータも1番うまくて威力もあり、最新技術を身につけている。フィジカルも強い。日本人離れした選手」と評しました。

かわいい画像集

コメント

タイトルとURLをコピーしました