名悪役俳優・内田勝正さんのプロフィール・略歴・人物

話題

皆さんは、俳優、内田勝正さんをご存じでしょうか?

名悪役で「水戸黄門」「大岡越前」などに出演し、活躍されました。

この記事では、プロフィール・略歴・人物をまとめたのでご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

内田勝正さん

内田 勝正(うちだ かつまさ、本名:同じ、1944年(1945年説あり)9月19日 – 2020年1月31日)は、千葉県野田市出身の俳優。

別名義:内田 昌宏(1978年頃に使用)。

浪曼劇場、竹内事務所を経て、エ・ネスト所属。

来歴・人物

1967年に青山学院大学を卒業。

在学中はESSに参加し、英語劇を上演していました。

卒業後の1968年、劇団四季を経て、三島由紀夫さんを中心とする劇団「浪曼劇場」の結成に参加。

中村伸郎さん、中山仁さん、勝部演之さん、川合伸旺さんらと共に、劇団の中心俳優として舞台に立ちます。

三島さんには眼をかけられ、舞台『サロメ』ではヨカナーン役に抜擢されますが、三島さんの死後、劇団は解散。

以後はテレビ・映画を中心に活躍。

刑事ドラマ・時代劇の名悪役として知られていて、テレビ時代劇『水戸黄門』ではゲスト最多の68回出演。

悪役への転機は1972年の『木枯し紋次郎』第1シリーズへの出演がきっかけです。

第11話で渡世人を演じたのが市川崑さんに注目され、市川さんが演出した最終話(第18話)「流れ舟は帰らず」に再度、敵役として出演。

以後、悪役としての出演依頼が多くなりました。

悪役としては厳つい表情に冷徹な口調などで、首謀者から参謀役、(主に若い頃は)手下まで幅広くこなしました。

その一方で、TBSドラマ「隣の未亡人」(主演:二宮さよ子さん)では、一見、悪役と思わせながら、実は主人公の再婚相手である雑誌編集者の役(二宮さん演じる主人公は作家)を演じたりしています。

日本俳優連合副理事長として俳優の権利向上・生活向上にも尽力していました。

特技は乗馬、英会話、スクーバダイビング。

趣味はゴルフ、麻雀、モダンバレエ。

悟り人
悟り人

以上、お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました