アメリカ(米国)株の解説:ロケットラボ(Rocket Lab)

お金・投資

皆さんは、アメリカの上場株、ロケットラボ(ティッカーシンボル:VACQ)をご存じでしょうか?

ロケットラボは2006年に創業されたロケット打ち上げ企業です。

そこで今回は、同社の概要・顧客・売上実績について解説します。

スポンサーリンク

解説文章読み上げ(ユーチューブ)

企業概要

ロケットラボ(Rocket Lab)は、スペースXと並んで民間企業で宇宙にロケットを打ち上げた実績のある、数少ない企業です。

2018年に最初の打ち上げに成功しています。

本社はカリフォルニア州ロングビーチにあります。

小型人工衛星の打ち上げにも力を入れています。

創業者はピーター・ベック(Peter Beck)さんです。

Peter Beck

顧客

ロケットラボの顧客はアメリカ航空宇宙局(NASA)、アメリカ国家偵察局(NRO)、国防高等研究計画局(DARPA)などの政府機関、ならびにブラックスカイ、スパイア、トライセプト、スペースフライト、タイヴァックなどの民間企業です。

売上実績

2020年のロケットラボの売上高は3500万ドルでした。

株式投資にはSBI証券がおすすめ

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をお勧めします。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました