声優・俳優、五十嵐雅(いがらしまさし)さんのツイッター画像

話題

皆さんは、タレント、五十嵐雅(いがらしまさし)さんをご存じでしょうか?

声優・俳優として活躍している男性です。

そこで、この男性のプロフィールとTwitter画像をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

五十嵐 雅(いがらし まさし、1983年11月4日 – )さんは、日本の俳優、声優。

静岡県出身。

高校時代、理数系学科の進学校の授業についていけず、テストを白紙で提出します。

五十嵐さん本人はテストの内容が難しくわからないという意思表示のつもりでしたが、学校で問題になってしまいます。

これがきっかけとなり、勉強から逃げるように部活にのめり込みます。

全国大会に出場するほど実力のある放送部で、アナウンスコンクール全国3位に入賞。

五十嵐さんは部長も務めました。

応援団の団長も務めるなど、勉強以外のことに集中した結果、大学には行けませんでした。

高校卒業後、地元を離れて工場に就職。

職場の寮で暮らしていましたが、シフト勤務の関係で夜中に食事をとることもあり、そうした生活を続けてるうちに昼夜の感覚がはっきりしなくなったそうです。

今の場所から抜け出し「もっと自分の可能性を信じたい」と思うようになります。

そんな時に、寮のテレビでアイドルグループが出演するミュージカルを観て、「僕もミュージカルの道に進みたい」と舞台の素晴しさに感銘を受けます。

会社を退職し、東京の大学を受け直しました。

役者を志したというよりは「今、自分がここにいるということを証明したかった」と当時の心境を振り返っています。

大学では「何かを表現したい」と考えていたことから劇団に所属します。

多忙になったことで半年で退団しますが、手伝いで劇団への出演や交流は続けており、舞台について学びます。

大学時代は「芝居漬けの毎日」だったそうです。

ある人から映画の日本語吹き替えは、「演じている役者の演技も学べて、いろんな発見ができる」、「そういう仕事ができる事務所を選んだらいいんじゃないか」と助言されたことから2009年にアクロス エンタテインメントに所属します。

劇場アニメ『KING OF PRISM by PrettyRhythm』鷹梁ミナト役で声優デビュー。

完成した映像を観て共演者と声のバランスが合っていないと感じて落ちこんだが、自分に足りないものを自覚し「もっと声の仕事をやっていきたいな」と思うようになります。

静岡朝日テレビのローカルワイド番組『サタハピ しずおか』で、ロンドンブーツ1号2号の田村亮がメインを務める「亮のシズオカレンダー」のコーナーで、レポーターとしても出演しています。

生まれ育った静岡でも知らないことは多く、「いろいろと発見することも多い」と述べています。

2020年10月2日、自身のTwitterで一般女性との結婚を報告しました。

ツイッター画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました