ナレーター・声優、石川英郎(いしかわひでお)さんのインスタ画像

話題

皆さんは、タレント、石川英郎(いしかわひでお)さんをご存じでしょうか?

ナレーター・声優として活躍している男性です。

そこで、この男性のプロフィールとInstagram画像をご紹介します。

スポンサーリンク

プロフィール

石川 英郎(いしかわ ひでお、1969年12月13日 – )さんは、日本の男性声優、ナレーター。

兵庫県西宮市出身。

相愛大学音楽学部声楽学科にてオペラを学びます。

のちに大学を辞めて声優に転向。

関西から上京し、青二塾東京校第12期として入所。

青二塾の同期に緒方恵美さん、阪口大助さん、笠原留美さん、新山志保さん、山田真一さんらが居ます。

高校生のころ勉強が苦手だった石川さんは「自分には何ができるのか」と考えたとき、卒業後の進路は得意な格闘技系か音楽系に進むしかないと考えました。

「そこそこ歌が歌えるから声楽科にしよう」と相愛大学音楽学部声楽学科に進みます。

声楽家を目指していたわけではありませんが、気がついたらオペラを始めていたそうです。

オペラには手の仕草や表情の演技も必要だったため、芝居の勉強を目的として養成所に入所。

やがて芝居そのものが楽しくなってしまい、大学をやめて演劇の道を志します。

演劇以外にも歌や喋りやDJといった仕事にも興味があり、そのことを養成所の先生に話したところ声優が希望に合うのではないかとアドバイスをもらいます。

こうした経緯から声優になったきっかけは、「気がついたら声優の仕事をしていた」「大学時代にやっていたオペラがきっかけと言えるのかもしれない」と語っています。

青二塾東京校の入所を経て、青二プロダクションに所属。

事務所に入って最初の仕事は、企業向けビデオの顔出しでの出演。

その後、CSでのボイスオーバーのレギュラーが決まります。

同時期にCS-PCM音声放送のラジオ『ウルトラ・マニア・バンザイ』という番組の1コーナー「目指せ!声優甲子園」にレギュラー出演。

これはラジオパーソナリティである神谷明さんが新人を鍛える企画で、石川さんもいろいろと指導を受けたため、声優の師匠は神谷明さんだとしています。

尊敬している声優も神谷さんの名を挙げており、OVA版『ゲッターロボ』で神谷さんと同じ流竜馬役を演じられたことは「すごく感慨深い」と述べています。

また同じく神谷さんの役である『北斗の拳』のケンシロウもPSP用ゲーム『ラオウ外伝 天の覇王』で演じています。

UWFインターナショナルのリングアナウンサーをしていた時期があり、とある静岡の第一試合で入場コールの際スティーブ・ネルソンという選手の名前を噛んでしまい観客から失笑を買ってしまった事があるそうです。

死去した山口健さんや加藤精三さんから持ち役の一部を引き継いでいます。

音域はC2 – C4。

資格は柔道二段。

趣味は猫と遊ぶ、ウォーキング、自転車、麻雀、パチスロ。

特技は声楽。

方言は関西弁。

インスタ画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました