2020年グラミー賞、ビリー・アイリッシュ氏のインスタ画像10選

話題

米音楽界最高の栄誉とされる「第62回グラミー賞」の発表・授賞式が2020年1月26日、ロサンゼルスで開かれて、ビリー・アイリッシュさんが5部門で受賞。

「最優秀新人賞」「最優秀アルバム賞」のほか、兄のフィネアス・オコネルさんと共にシングル「バッド・ガイ」で「最優秀楽曲賞」に輝きました。

そこで今回は、ビリー・アイリッシュさんのプロフィールとインスタ画像をご紹介します。

スポンサーリンク

ビリー・アイリッシュ氏のプロフィール

Billie Eilishさん

ビリー・アイリッシュ・パイレート・ベアード・オコンネル(Billie Eilish Pirate Baird O’Connell、[ˈaɪliʃ]、2001年12月18日 – )さんは、アメリカ合衆国の女性シンガーソングライター、モデル。

2016年にデビュー・シングル「Ocean Eyes」を音声ファイル共有サービスサウンドクラウドでリリースし、後に口コミで話題となりました。

そして、レコード・レーベルのダーク・ルームとインタースコープ・レコードの目に止まり、その後「Ocean Eyes」を再リリースします。

2017年8月11日にEP「Don’t Smile at Me」をリリース。

EPがアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでトップ15を果たし、シングル「Bellyache」もリリースされます。

EPの商業的成功に次ぎ、2017年の9月にはApple Musicの「Up Next」と呼ばれる新人アーティストの支援プログラムに選ばれました。

また、アメリカ人シンガーのカリードとのコラボで2018年4月にシングルの「lovely」をリリースし、Netflixで配信されている『13の理由』セカンド・シーズンのサウンドトラックになりました。

2019年3月29日には、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』がリリースされ、批評家たちからも絶賛されています。

シングルカットされた「when the party’s over」「bury a friend」がアメリカでトップ15になり、「bad guy」はアメリカ、カナダ、オーストラリアで1位を獲得しています。

アメリカレコード協会(RIAA)からゴールド7個とプラチナム2個を獲得。

2020年1月26日に開催された第62回グラミー賞で、主要4部門を含む合計5部門を受賞。

主要部門の独占は39年ぶり史上2度目、女性として初、かつ史上最年少の記録となりました。

音楽制作などは、作曲家・音楽プロデューサーでもある実兄フィネアス・オコネルさんと共同作業を行っています。

インスタグラム画像10選

この投稿をInstagramで見る

FIVE ARE YOU KIDDING

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

ima keep my mind on my money & my time

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

still here

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

if i’m not here to love you what am i here for

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

i must be missing something

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

screamin daddy like you need a father

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

its not for me to say you love me

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

billie bout to make a billion off of all these bruises!

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

nori from barbie fairytopia headass

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました