第二新卒として選ぶべき転職先(業界・職種)とは?

転職

皆さんは「第二新卒」という言葉をご存じでしょうか?明確な定義はありませんが「新卒で入社して社会人経験が3年未満の求職者」という意味あいで定着がすすんでいます。

このような「職務経験の少ない」第二新卒者は、どのような業界・職種を転職先に選べばいいのでしょうか?

今回は第二新卒者向けに、転職成功のポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

結論

第二新卒者
第二新卒者

第二新卒として転職を考えているのですが、次の業界・職種はどのように選ぶべきでしょうか?

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

これまで経験してきた業界・職種に縛られず、幅広い可能性の中から決めましょう。

解説

1.第二新卒の転職は選択の幅が広い

第二新卒は社会人経験が浅いからこそ、まだ特定の業界・職種に染まっていないと言えます。

だからこそ、次の転職先で選ぶべき業界・職種は悩まれるかと思います。

第二新卒の大きな強みは若さ。

年齢を重ねるごとに企業は転職希望者を即戦力として期待します。

しかし、まだ社会人経験の浅い第二新卒については、今後の成長を期待して、未経験でも歓迎するケースは少なくありません。

そのため、今までの経験・スキルをさらに伸ばすべく、同じ業界・職種を志望することもできますし、心機一転して新しい業界・職種にチャレンジすることもできます。

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

つまり、第二新卒の転職は選択の幅が非常に広いのが特徴なのです。

2.無理に選択肢を狭める必要はない

転職活動では同時に複数の業界・職種の求人に応募することができます。

経験ありきの求人ももちろんありますが、第二新卒を対象としている求人であれば未経験の場合が多いです。

そのため、志望する業界・職種を無理に絞る必要はありません。

自分が最も興味のある業界・職種を軸に、その他に興味のある業界・職種についても、選考スケジュールに無理の出ない範囲に応募してみてもいいでしょう。

実際に応募してみて、業界・職種に対する理解が深まると共に志望度が入れ替わるなんてこともあるでしょう。

第二新卒はまだ若いからこそ、これからのキャリア形成の方向について、自由に考えることができます。

少しでも興味がある業界・職種があったら、応募をしてみて、選考の中で適性を判断していくといいでしょう。

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

若いからこそチャンスに恵まれている第二新卒なので、その強みを活かさないのはもったいないです。

20代・第二新卒・既卒におススメの転職サービス

20代若手社会人のための“無料転職支援(人材紹介)サービス”をご案内します。

専任のキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングを行い、あなたの経験や希望に最適な企業を紹介します。もちろんサービスは全て無料です。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました