世界一幸せな動物・クアッカワラビーのかわいい画像集

話題

皆さんは、クアッカワラビーを知っていますか?

すごく可愛くてキュートな顔立ちで、写真撮ろうとすると写りに来るみたいです。

海外では大人気の、カンガルー科に属する動物です。

この動物のかわいい画像を集めましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

クアッカワラビー

Setonix brachyurus

クアッカワラビー(Setonix brachyurus)は、双前歯目カンガルー科クアッカワラビー属に分類される有袋類。

本種のみでクアッカワラビー属を構成する。別名はクオッカ。

分布

オーストラリア南西部。

模式標本の産地(模式産地)はキングジョージ湾アルバニー。

形態

体長オス43.5 – 54センチメートル、メス40 – 50センチメートル。尾長オス26 – 31センチメートル、メス24.5 – 28.5センチメートル。体重オス2.7 – 4.2キログラム、メス2.7 – 3.5キログラム。

尾はやや短い。

全身は長い体毛で密に被われます。

体毛は灰褐色で、白や赤い体毛も混じります。

耳介は非常に小型。小臼歯は発達します。

生態

ヒースからなる湿原に生息するが、島嶼部では荒地にも生息します。

25 – 150匹からなる群れを形成して生活します。

水場を含む縄張りを形成し、群れのオス内では優劣があります。

湿原では植物を踏み固めてトンネル状の通路を作り、その中を移動する。

草、低木の芽、葉などを食べます。

繁殖様式は胎生。

大陸部の個体群は周年繁殖するが、ロットネスト島の個体群は秋季に繁殖します。

妊娠期間は27日。

1回に1匹の幼獣を産みます。

幼獣は生後約190日は母親の育児嚢の中で生活し、10月までに授乳します。

人間との関係

ロットネスト島では実験動物とされることもあります。

湿地開発による生息地の破壊、人為的に移入された動物による捕食・ブタによる生息地の破壊などにより生息数は激減しています。

以前は西オーストラリア州南西部広域に分布していたが、多くの分布域では絶滅しました。

ロットネスト島では生息数が多く、他の島嶼へ導入もされています。

その表情がヒトには笑顔に見えることから「世界一幸せな動物」と愛称をつけて保護されており、警戒心の薄さからカメラを見せると積極的に寄ってきます。

かわいい画像集

コメント

タイトルとURLをコピーしました