nCino・エヌシーノ第4四半期決算:20年11月~21年1月期

お金

皆さんは、米国株式、エヌシーノ(ティッカーシンボル:NCNO)を、ご存じでしょうか?

銀行や信金に銀行基幹システムをクラウドで提供するフィンテック企業です。

そこで今回は、同社(nCino)が、2021年3月31日に発表した、2020年11月から2021年1月期の決算内容を紹介します。

スポンサーリンク

解説文章読み上げ(ユーチューブ)

nCino・エヌシーノ第4四半期決算:20年11月~21年1月期

第4四半期決算

EPSは、予想-9¢に対し-6¢。

売上高は、予想5330万ドルに対し、5660万ドル。

売上高成長率は、前年同期比+47%でした。

サブスクリプション実績

売上高に占めるサブスクリプション比率は、79%でした。前年同期は、82%でした。

サブスクリプション・グロスマージンは、71%でした。前年同期は、72%でした。

フリー・キャッシュフロー実績

フリー・キャッシュフロー・マージンは、-22%でした。前年同期は、-35%でした。

総顧客数

2021年度末の総顧客数は、1268でした。前年は、1183でした。

大口顧客数

年間売上高で、100万ドル以上の顧客は、36社でした。前年は、21社でした。

年間売上高で、10万ドル以上の顧客は、224社でした。前年は、161社でした。

第1四半期の予想

第1四半期は、EPS予想-7¢に対し、新ガイダンス-5¢から-4¢。

売上高は、予想5950万ドルに対し、新ガイダンス5900万ドル~6000万ドルが提示されました。

2022年度の予想

2022年度のEPSは、予想-19¢に対し、新ガイダンス-26¢から-24¢。

売上高予想2.47億ドルに対し、新ガイダンス2.53億ドルから2.55億ドルが提示されました。

株式投資にはSBI証券がおすすめ

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をお勧めします。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました