モルガンスタンレー第1四半期決算:2021年1月~3月期

お金

皆さんは、米国株式、Morgan Stanley(ティッカーシンボル:MS)を、ご存じでしょうか?

世界有数のグローバルな金融機関です。

そこで今回は、同社が、2021年4月16日に発表した、2021年1月から3月期の決算内容を紹介します。

スポンサーリンク

解説文章読み上げ(ユーチューブ)

モルガンスタンレー第1四半期決算:2021年1月~3月期

第1四半期決算

EPSは、予想 $1.58に対し、$2.19。

売上高は、予想134.8億ドルに対し、157.2億ドル。

売上高成長率は、前年同期比+65.7%でした。

アルケゴス破綻の影響

アルケゴスにまつわる直接の損は、6.44億ドルでした。

加えて、アルケゴスの破綻によって引き起こされた市場の荒れにより、2.67億ドルのトレーディング損が出ました。

アルケゴス・キャピタル・マネジメントは、金融機関から借り入れた資金を元にレバレッジ(てこ)をかけて、その何倍もの金額を株式に投資していたとみられますが、株価の下落によって金融機関から追加の担保を求められた際、それに応じることができず、保有株式の売却を余儀なくされたと報じられています。

アルケゴス問題とは

引受けフィー

株式引受けフィーは、前年同期比+347%の15億ドルでした。前年同期は、3.4億ドルでした。

債券引受けフィーは、前年同期比+41%の6.3億ドルでした。前年同期は、4.5億ドルでした。

部門別の売上高

株式部売上高は、前年同期比+17%の28.8億ドルでした。前年同期は、24.4億ドルでした。

債券部売上高は、前年同期比+44%の29.7億ドルでした。前年同期は、20.6億ドルでした。

株価収益率の実績

株主資本利益率(ROE)は、16.9%でした。前年同期は、8.5%でした。

一株当たり有形簿価は、 $38.97でした。前年同期は、$43.28でした。

株式投資にはSBI証券がおすすめ

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をお勧めします。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました